HP カスタマーサポートへようこそ

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP ユニバーサル プリント ドライバー PCL6 - Microsoft Power Point2010 またはExcel 2010 で HP EasyColor が機能しない現象について

説明
HP ユニバーサル プリント ドライバー(HP UPD) PCL6 のHP EasyColorの設定は、これまでの Microsoft Office シリーズでは有効な機能でしたが、Excel 2010 および Power Point 2010 では設定変更が反映されなくなりました。これは、Office 2010 (Excel 2010およびPower Point 2010) でデータ内の画像 がBitmap(BMP) フォーマットに変換されるようになったことによるものです。HP EasyColor は、JPEG フォーマットおよび PNG フォーマットの画像の処理には効果がありますが、BMP フォーマットのデータの処理には影響を与えません。
現象
HP EasyColor の機能が使用できないことにより、Excel 2010 および Power Point 2010 を以前のバージョンと比較した場合に以下のような現象が発生する可能性があります。
  • 大容量のスプールファイルが作成されることにより、ネットワークのパフォーマンスや印刷のパフォーマンスが低下する。また、使用可能なディスク容量に影響を与える。
  • 印刷時、[カラー]タブから HP EasyColor の設定を変更しても 、印刷結果に変化が見られない。
  • 印刷データ内のグラフィックスの印刷品質が低下する。
追加情報
HP EasyColor は、HP UPD PCL6 Version 4.7 でカラーの機種に対して追加され、HP UPD PCL6 Version 5.0 以降ではモノクロの機種にも対応した機能です。 HP EasyColor は、MS Office ドキュメント内の JPEG フォーマットや PNG フォーマットのデータに対する高度な画像処理を行なうことで、ジョブのサイズを小さくして印刷のスピードを向上させるとともに、ドキュメントの印刷品質を向上させます。 HP EasyColor は、Microsoft Office のような JPEG および PNG のパススルー処理(*)をサポートするアプリケーションで最大のパフォーマンスを実現します。 PDFファイルの印刷や、Illustrator、Photoshopのように Microsoft Office とは異なる処理を行うアプリケーションの場合は、HP Easy Color の設定を変更しても印刷結果に変化はありません。
*JPEG/PNG のパススルー処理: ドライバーファイル(Unidrv.dll)による画像処理の最適化機能。ただし、上記のようにアプリケーション側の対応が必要となります。

hp-online-communities-portlet

アクション
ロード中...
国: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...