HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    Windows 11 へのアップグレード方法

    Windows 11 へのアップグレード ガイド

    情報

    「HP Wolf Security」と「ウイルスバスタークラウド」がインストールされている場合、OSの動作が緩慢になることについて。詳細はこちら

    情報
    ノートブックPCのバッテリの診断・較正・膨張などについて.

     詳細はこちら

  • フィードバック

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP Designjet 70/90r/110/110plus/110plus R/110plus NR/111/120/130 プリンターシリーズ - ロール紙の取り付け方法

補足:
本コンテンツはユーザーズガイドからの抜粋です。詳細はユーザーズガイドも参照してください。

対象機種

HP Designjet 70/90r/110/110plus/110plus R/110plus NR/111/120/130

説明

ロールフィードユニットを使用して、ロール紙をプリンターに取り付ける手順を説明します。
補足:
ここでは、HP Designjet 110plusプリンタにロール紙を取り付ける場合を例として説明します。製品によって、この資料と多少異なる場合がありますのでご了承ください。

はじめに

  • ロール紙は、ロールフィードユニットが取り付けられている場合にのみ使用できます。
  • HP Designjet 90r/110plus R/110plus NR/111プリンターは、手動ロールフィードユニットが標準装備されています。
    HP Designjet 70/110/110plus/120/130プリンターでは、オプション品となります。
  • 自動切換えロールフィードユニットは、HP Designjet 110/110plus/110plus R/110plus NR/120/130プリンターのオプション品となります。
    補足:
    HP Designjet 70/90rプリンターには対応しておりません。
  • 印刷する際に、カット紙とロール紙を同時に使用することはできません。
    プリンターに手動ロールフィードユニットが取り付けられている場合、カット紙に印刷するには、まずロール紙を取り外す必要があります。
    プリンターに自動切換えロールフィードユニットが取り付けられている場合は、ロール紙は自動的に取り外されます。

ロール紙の取り付け方法

  1. 使用するロール紙をスピンドルに取り付けます。図のように、用紙先端の向きに気をつけてロール紙を正しく取り付けます。
      注意:
    ロール紙の先端がスピンドルに接するように、隙間を開けないように奥まできっちりと取り付けます。
  2. 可動式の青いストッパをスピンドルに挿入します。
      注意:
    ロール紙の先端が青いストッパに接するように、隙間を開けないように奥まできっちりと取り付けます。
  3. ロール紙フィーダ アセンブリにスピンドルを差し込みます。プリンターの後ろから見て右側のスロットには青いストッパ、左側のスロットには黒いストッパを差し込みます。
    補足:
    光沢系用紙をご使用になる場合は、用紙の表面に汚れがつかないように手袋をはめることをお勧めします。
  4. ロール紙の先端が、まっすぐでロールの左右に対して垂直になるように、正しく巻かれていることを確認してください。
  5. 用紙の余分な部分を巻き戻してたるみをなくし、スピンドルにしっかりと巻きつけます。
  6. ロール紙の先端をプリンタ背面に差し込みます。
    【手動ロールフィードユニットをご使用の場合】
    ロール紙が歪まないように両側をしっかりと押さえながら、用紙の先端を奥に突き当たるまでプリンタの背面に差し込みます。 →手順7
    【自動切換えロールフィードユニットをご使用の場合】
    1. 自動切換えロールフィードユニットの左側にある緑色ランプが点灯し、自動切換えロールフィードユニットが使用可能な状態であることを確認してください。
    2. ロール紙が歪まないように両側をしっかりと押さえながら、用紙の先端を自動切り替えロールフィードユニットの下側のスロットに、奥に突き当たるまで差し込みます。
        注意:
      この時、給紙口を間違えないようにご注意ください。ロール紙用給紙口は下側のスロットになります。上側のスロットは、カット紙用給紙口です。→手順7
  7. ブザー音が鳴り、プリンタが自動的に用紙を取り込んで用紙を取り付けます。
    補足:
    ブザー音をオフに設定していた場合は、ブザー音は鳴りません。
  8. プリンタが用紙の位置を確認します。正しく取り付けられた場合、フロントパネルディスプレイに「ロール紙のステータス」アイコンが表示され、プリンタの印刷準備が整ったことを知らせます。
  9. 用紙が正しく取り付けられていない場合、フロントパネルディスプレイの「ロール紙のステータス」アイコンと「用紙詰まり」アイコンが点滅します。その後、プリンタは用紙を排紙し、「用紙の不揃い」アイコンが点滅します。この場合は、「キャンセル(×)」ボタンを押してアイコンの点滅を解消し、最初から用紙を取り付け直します。

備考

  • ロール紙を取り付けている状態で、フロントパネルの[OK]ボタンを押すと、ロール紙の先端がカットされます。
  • ロール紙に印刷する場合は、プリンタードライバーで「ロール紙」を選択してください。「ロール紙」以外を選択すると、想定外の給紙口から給紙されたり、印刷が始まらなかったりします。
  • ロール紙が取り付けられている状態で、カット紙への印刷はできません。
    カット紙へ印刷するには、事前にロール紙を取り外すか、ロール紙を待機位置まで移動する必要があります。
  • 印刷が終了すると、通常プリンターは自動的に用紙カットします。
    自動的にカットしないようにするには、プリンタードライバーでカッター機能を無効に設定します。
ロール紙の取り外し方法については、こちらを参照下さい。


国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...