HP カスタマーサポートへようこそ

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP Compaq 8000 Elite US - メモリ取り付け方法

対象機種
  • HP Compaq 8000 Elite US Desktop PC
概要
このドキュメントでは、『ハードウェア リファレンスガイド』に記載されている [ハードウェアのアップグレード] より [メモリの増設] に関する追加情報をご案内いたします。
解説
ここでは、『ハードウェアリファレンスガイド』 に掲載されている [メモリの増設] の項目を元に、作業時の注意点やメモリモジュールの取り付け、取り外しの手順について説明しています。
『ハードウェアリファレンスガイド』 は、マニュアルライブラリに収録されています。 このドキュメントと合わせてご確認ください。
  補足:
マニュアルライブラリは、以下のURLよりアクセス可能です。
http://jp.ext.hp.com/doc/manual/desktop/
  1. ご使用の製品名を選択し、[ハードウェアリファレンスガイド] をクリックしてPDFファイルを開きます。
  2. [ハードウェアのアップグレード] の項目より[メモリの増設] を選択します。
この製品では、ノート製品で使用されているSODIMM規格のソケットとメモリモジュールを使用しています。
従来のデスクトップ製品とメモリの増設方法が異なりますので、以下の操作手順に沿ってメモリモジュールの取り外しや取り付けを行ってください。

下の表は、コンピューターに搭載されているメモリソケットの形状と使用するメモリモジュールのご案内です。

メモリソケットの形状
使用するメモリモジュール (*)


* 使用するメモリの規格に関しては、HP Compaq 8000 Elite US - メモリ仕様 の技術情報をご確認ください。

操作手順
2枚目のメモリモジュールの取り付け、または2枚のメモリモジュールを新しく取り付ける場合は、下記の [取り外し手順] に沿って黒いソケット(SODIMM1) に接続されているメモリモジュールを取り外します。
その後、 [取り付け手順] を参照し、白いソケット(SODIMM3) 、黒いソケット(SODIMM1) の順番にメモリモジュールを接続します。
  注意:
メモリモジュールの着脱時には、必ず本体から電源コードを抜いて放電するまで30秒程度待機してから作業を行ってください。
放電しない状態でメモリモジュールの着脱を行うと、メモリモジュールまたはシステムボードが破損するおそれがあります。

作業前に、必ず メモリ増設時の注意 についてご確認ください。


  • メモリの取り外し手順


    1. メモリソケットの両脇に銀色のラッチ(ツメ) がついています。
      下図の丸で囲ったところがラッチです。ソケットごとに対になっています。




    2. メモリモジュールの両脇のラッチを外側に向けて押します。




    3. メモリモジュールのノッチ(切り込み) からラッチが外れますので、下図のように約30度の位置で止まります。




    4. メモリモジュールを指でつまみ、そのままの角度でソケットより抜きます。





    メモリの取り付け手順


    1. メモリソケット突起部分(A)にメモリモジュールの切り欠き(B)を合わせて挿入します。




    2. メモリモジュールを斜め約30度傾けて、ソケットに差し込みます。




    3. 下図のようにメモリモジュールの金メッキ部分が見えなくなるまで差し込みます。
      メモリモジュールから手を離すと、約30度の位置で止まります。




    4. 下図のように、メモリモジュールの右側の浮いている部分を上から垂直に力を入れて押します。




    5. カチっと音がしてメモリモジュールが両脇の銀色のラッチ(ツメ) でロックされます。

      下図のように、メモリソケットを横からみた場合と正面からみた場合で、メモリの接続状態を確認ください。

      • メモリソケットを横からみた場合は、メモリモジュールの金属製の接点(金メッキ) が隠れています。また、メモリ モジュールのノッチ (切り込み) が、ソケットの両脇にある銀色のラッチ(ツメ) でロックされています。
        マザーボードとメモリモジュールが水平に接続されています。



      • メモリソケットを正面からみた場合は、メモリソケットの両脇にある銀色のラッチ(ツメ) がメモリモジュールのラッチ(切り込み) をロックしています。
        マザーボードとメモリモジュールが水平に接続されています。


文書情報
Q&A番号:DTQA000809
最終更新日:2010/06/04

hp-online-communities-portlet

アクション
ロード中...
国: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...