HP カスタマーサポートへようこそ

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP xw6200 Workstation - メモリの取り外しと取り付け

本文書は、HP xw6200 Workstations にのみ該当します。
作業を始める前に
  • コンピューターの電源を切ってから、すべてのケーブルを切り離します。 イーサネットまたはモデムケーブルを切り離してから、電源コードを抜いてください。
  • カーペットを敷いていない床の上の、障害物のない、平らな安定した面にワークステーションを移動します。
  • ワークステーション内部の作業を行うときは、静電防止リストバンドと導電フォームパッドの使用を強くお勧めします。
  • 部品を取り付ける準備が整うまでは、部品の保護パッケージを外さないでください。
  警告:
金属パネルの縁で皮膚が切れる可能性があります。 ワークステーション内部の金属パネルの縁に皮膚が直接触れないように注意してください。
  注意:
この製品は、静電放電 (ESD) により破損を受ける可能性のあるコンポーネントを含みます。 ESD による破損を避けるため、カーペットなどを敷いていない床の上で、静電気消散性のある表面 (導電フォーム パッドなど) を使用し、接地面に接続されている ESD リスト ストラップを着用します。
概要動画 (英語)
メモリの取り外し手順のデモビデオを表示するには、メモリの取り外し手順のビデオを右クリックし、新しいウィンドウ/タブで開くリンクを選択します。
交換用部品に関する情報
本システムに対応する HP 部品の番号は以下のとおりです。
  補足:
パーツ番号は変更されることがあります。
説明
部品番号
返却が必要
1.0 GB SDRAM DIMM メモリ モジュール
416731-001
はい
512 MB SDRAM DIMM メモリ モジュール
366648-001
はい
「返却が必要」の列に「はい」と記載されている場合は、その欠陥部品をHPに返却する必要があります。 HP への部品の返品に関する詳細情報については、下のリンクのいずれかを選択します。
  補足:
電気機器における特定有害物質の使用を制限するRoHS 指令が適用されている国・地域 (EU,中国など) にお住まいのお客様に対して* 。 オリジナルスペアパーツの使用がRoHS法によって規制されます。 お使いのユニットにモディファイド スペア番号のラベルが貼付された部品が含まれている場合は、交換部品としてモディファイドスペアパーツを注文する必要があります。 お使いのユニットにオリジナル スペア番号のラベルがある部品が含まれている場合は、交換部品としてオリジナルスペアパーツを注文する必要があります。 この場合、オリジナルスペアかモディファイドスペアにおいて、装置のパフォーマンスや機能に影響しない方が出荷されます。
メモリの取り外し
  補足:
xw6200 は、デュアルチャネルの DDR 2 ECC メモリの同等ペアを使用します (256 MB、512 MB または 1 GB モジュール)。 4 個のメモリ スロットには、1~4 の数字が割り当てられています。 スロットは 1:2 および 3:4 のペアで構成されています。
手順1
アクセスパネルを取り外します。
手順2
メモリソケットラッチを外向きに押し下げて、メモリを外します。
手順3
メモリーをソケットから抜き取ります。
手順4
メモリを静電気防止袋の中に入れます。
メモリの取り付け
手順1
メモリソケットラッチが押し出され、メモリソケットから離れていることを確認します。
手順2
静電気防止袋からメモリを取り出します。
手順3
メモリの位置調整スロットの向きを確認して、空のメモリソケットの位置に合わせます。
手順4
カチッと音がしてメモリソケットラッチが所定の位置に収まるまで、メモリをソケットにしっかり押し込みます。
手順5
メモリが完全に挿入され、ソケットに正しく固定されていることを確認します。
手順6
アクセス パネルを元どおりに取り付けます。

hp-online-communities-portlet

アクション
ロード中...
国: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...