HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP Photosmart C5300 および C6300 オールインワンプリンターシリーズ - コントロール パネルの画面上に「インク ホルダー詰まり」、「紙詰まり」、またはエラーコード「0x610000f6」のメッセージが表示される

現象

コントロールパネル ディスプレイ上に「インク ホルダー詰まり」、「紙詰まり」、またはエラーコード「Ox610000f6」のメッセージが表示されます。 警告ランプが点滅して、紙詰まりが発生した可能性があることを示します。

本文書の対処方法の使い方

紙詰まりが頻発する、または再発する場合は?
紙詰まりの再発の防止に関する情報をお探しの場合は、本書の予防と原因の項に進んでください。
次の対処方法を指示された順に試し、問題を解決します。 問題がいずれかの対処方法で解決した場合は、トラブルシューティングを続行する必要はありません。
拡張セルフテスト レポートの印刷方法
  1. メイン給紙トレイに、レターサイズまたはA4 の未使用の白い普通紙をセットします。
  2. キャンセル ボタン () を押したまま、コピースタート - モノクロ ボタンを押します。 拡張セルフテスト ページが印刷されます。
重要: 対処方法によって問題が解決されても、各対処方法を終えるたびに拡張セルフテスト ページの印刷を試してください。

インク ホルダー詰まり解消方法のビデオ

次のビデオでは、インク ホルダー詰まりを解消する手順を説明します。 このビデオ内のプリンターは、お使いのプリンターと異なる場合がありますが、手順は同じです。
このビデオの再生に問題がある、または異なるサイズでビデオを見たい場合は、ここをクリックして YouTube のビデオを再生してください。

対処方法 1: プリンターの電源を入れ直す

以下の手順に従ってプリンターの電源をオフにしてから、再びオンにします。

ステップ 1: プリンターの電源を入れ直す

  1. 電源ボタン () を押してから放し、プリンターの電源をオフにします。
  2. 60 秒間お待ちください。
  3. 電源ボタン () を押してから放し、プリンターの電源をオンにします。
    補足:
    プリンターの印刷準備が完了するには、最大 2 分かかります。 ランプが点滅し、インク ホルダーが移動します。 プリンターがアイドリング状態になるのを待って、次のステップに進みます。

ステップ 2: 拡張セルフテスト レポートを印刷する

拡張セルフテスト レポートを印刷します。 本文書の冒頭にある、これらの対処方法の使い方に関する項をご覧ください。
  • この手順で問題が解決し、拡張セルフテスト レポートが印刷される場合は、トラブルシューティングを続行する必要はありません。
  • 問題が解決しない場合は、次の対処方法に進みます。
  • 拡張セルフテスト レポートが印刷されない場合は、次の対処方法に進みます。

対処方法 2: 紙詰まりの解消

次のステップを指定された順に実行し、紙詰まりを解消します。

ステップ 1: 未使用の用紙を取り除く

給紙トレイおよび排紙トレイから残りの用紙を取り除きます。
  注意:
この段階では、詰まった用紙を取り出さないでください。 プリンターの正面から詰まった用紙を取り除こうとすると、印刷機構が損傷する場合があります。
未使用の用紙を取り除く
詰まった用紙を引き出さない
給紙トレイから未使用の用紙を取り除く図
詰まった用紙を前面から引き出さないように警告する図

ステップ 2: プリンターの後部から紙詰まりを取り除く

  注意:
プリンターの前面から詰まった用紙を取り除かないでください。 紙詰まりがプリンターの後部またはトレイから引き出せる場合は、必ず後部から先に試してください。 前面カバーの中から用紙を引き出すとプリンターが機械的に損傷することがあります。
  1. USB ケーブルをプリンターの背面から抜きます。
  2. 電源ボタン () を押して、プリンターの電源をオフにします。
  3. プリンターの後部から電源コードを抜きます。
  4. 後部アクセス ドアの左側にあるタブを押し込んで、このドアを取り外します。 プリンターからドアを引いて取り外します。
    番号 : 後部アクセス ドアを取り外す
    後部アクセス ドアを取り外す図
  5. 詰まった用紙や、破れた用紙の切れ端をプリンター内のローラーからそっと取り除きます。 破れないように、用紙の束の全体を両手で持って引き出します。
    番号 : 紙詰まりした用紙を取り除く
    プリンターの後部から紙詰まりした用紙を取り除く写真
      注意:
    ローラーやホイールに破れた用紙の切れ端が付いていないかチェックし、ゴミがあれば取り除きます。そのままでは紙詰まりがさらに発生する恐れがあります。
    番号 : ローラーに付いている用紙の切れ端
    用紙の切れ端を取り除く図
  6. 用紙送り経路の上の部分から用紙を取り出します。
    番号 : 用紙送り経路の上の部分
    用紙送り経路の上の部分から用紙を取り出す写真
  7. 後部アクセス ドアのローラーを調べます。 ローラーがなくなっていたり、自由に回らないか、または押すとへこみが出ないか確認します。 こうした症状は、ローラーが正しく用紙を給紙していないことを示す場合があります。 いずれかの症状が見られる場合、後部アクセス ドアを再び取り付けます。
    番号 : 後部アクセス ドアのローラー
    後部アクセス ドアのローラーの写真
  8. 後部アクセス ドアを取り付け直します。 カチッと音がするまで、ドアをゆっくり押し込みます。
    番号 : 後部アクセス ドアを再び取り付ける
    後部アクセス ドアを再び取り付ける図

ステップ 3: プリンターの前面から紙詰まりを取り除く

以下の手順に従って、プリンターの紙詰まりを解消し、プリンターをリセットします。
  1. カートリッジ アクセス ドアを開きます。
    番号 : カートリッジ アクセス ドアを開く
    カートリッジ アクセス ドアを開く図
  2. プリンターの前面から、詰まった用紙を注意して取り除きます。
    補足:
    プリンターの前面から、できるだけ慎重に用紙を取り出します。 プリンター内に破れた用紙が残っていると、さらに紙詰まりが発生しやすくなり、その結果、印刷機構が損傷する恐れがあります。
  3. カートリッジ アクセス ドアを閉じます。
    番号 : カートリッジ アクセス ドアを閉じる
    カートリッジ アクセス ドアを閉じる図
  4. プリンターの後部に電源コードを再び差し込みます。
  5. 電源ボタン () を押して、プリンターの電源をオンにします。

ステップ 4: 拡張セルフテスト レポートを印刷する

拡張セルフテスト レポートを印刷します。 本文書の冒頭にある、これらの対処方法の使い方に関する項をご覧ください。
  • この手順で問題が解決し、拡張セルフテスト レポートが印刷される場合は、トラブルシューティングを続行する必要はありません。
  • 問題が解決しない場合は、次の対処方法に進みます。
  • 拡張セルフテスト レポートが印刷されない場合は、次の対処方法に進みます。

対処方法 3: インク ホルダーがスムーズに動くことを確認する

以下の手順に従って、インク ホルダーがスムーズに動くことを確認します。

ステップ 1: 用紙の経路を確認する

  1. 電源ボタン () を押して、プリンターの電源をオンにします。
  2. カートリッジ アクセス ドアを開きます。 カートリッジがプリンターの中央に移動しようとしている場合は、その位置に移動させてください。
    番号 : カートリッジ アクセス ドアを開く
    カートリッジ アクセス ドアを開く図
  3. プリンターの電源を切らずに、プリンター後部の電源コードを抜きます。
      注意:
    感電の危険無しに手動で部品を動かせるよう、電源コードを外す必要があります。
  4. 電源コードを電源またはコンセントから抜きます。
  5. インク ホルダーの動きを妨げている紙や物がないか確認します。
    番号 : インク ホルダーの動きを妨げる恐れのある紙の例
    インク ホルダーの動きを妨げる恐れのある紙詰まりの写真
    補足:
    良く見るには、懐中電灯で該当箇所を照らす必要がある場合もあります。
  6. 紙切れや障害物が見つかれば、取り除きます。
  7. プリンターの内部に手をいれ、手動でインク ホルダーを動かします。
    • インク ホルダーがプリンターの右側に詰まっている場合、インク ホルダーをプリンターの左側に動かします。
    • インク ホルダーがプリンターの左側に詰まっている場合、インク ホルダーをプリンターの右側に動かします。
    • インク ホルダーがプリンターの中央に詰まっている場合、インク ホルダーをプリンターの右側に動かします。
  8. インク ホルダーをゆっくりと右に押し、次に左に押して、プリンターの幅いっぱいに自由に動くことを確認します。
  9. カートリッジ アクセス ドアを閉じます。
    番号 : カートリッジ アクセス ドアを閉じる
    カートリッジ アクセス ドアを閉じる図
  10. プリンターの後部に電源コードを再び差し込みます。
  11. 電源コードをコンセントに再び接続します。
  12. 電源ボタン () を押して、プリンターの電源をオンにします。

ステップ 2: 拡張セルフテスト レポートを印刷する

拡張セルフテスト レポートを印刷します。 本文書の冒頭にある、これらの対処方法の使い方に関する項をご覧ください。
  • この手順で問題が解決し、拡張セルフテスト レポートが印刷される場合は、トラブルシューティングを続行する必要はありません。
  • 問題が解決しない場合は、次の対処方法に進みます。
  • 拡張セルフテスト レポートが印刷されない場合は、次の対処方法に進みます。

対処方法 4: プリントヘッドを取り外し、再び取り付ける

カートリッジやプリントヘッドの配置や取り付けが正しくない場合、プリンターに「インクホルダー詰まり」エラーが表示されることがあります。 以下の手順に従ってカートリッジおよびプリントヘッドを取り外し、再び取り付けます。

ステップ 1: カートリッジを取り外す

  1. カートリッジ アクセス ドアを開きます。 インク ホルダーがプリンターの中央まで移動します。
    番号 : カートリッジ アクセス ドアを開く
    カートリッジ アクセス ドアを開く図
    補足:
    インク ホルダーが停止し、静かになってから続行してください。
  2. カートリッジのツメを押して解除してから、カートリッジを持ち上げてスロットから取り外します。
    番号 : カートリッジを取り外す
    カートリッジをスロットから取り外す図

ステップ 2: プリントヘッドを取り外す

  1. インク ホルダーのラッチ ハンドルを止まるまで上に持ち上げます。
    番号 : ラッチ ハンドルを持ち上げる
    ラッチ ハンドルを持ち上げる図
  2. プリントヘッドを持ち上げて、カートリッジから取り外します。
    番号 : カートリッジを取り外す
    カートリッジを取り外す図

ステップ 3: プリントヘッドを再び取り付ける

  1. 色分けされた形状アイコンを上にして、プリントヘッドを真っすぐ立てて持ちます。
  2. プリントヘッドをインク ホルダーに押し込みます。
    補足:
    プリントヘッドの両面の色分けされた形状がカートリッジの色分けされた形状とぴったり一致していることを確認してください。
    番号 : カートリッジを再び取り付けます。
    カートリッジを再び取り付ける図
  3. ラッチ ハンドルをそっと下げます。
    番号 : ラッチ ハンドルを下げる
    ラッチ ハンドルを下げる図
  4. ホルダー ラッチ ハンドルをしっかりと押し下げ、完全に閉じます。

ステップ 4: カートリッジを再び取り付ける

  1. 最初のインク カートリッジを、カチッと音がしてスロットにしっかりと固定されるまで、空のスロットに押し込みます。
    補足:
    インク カートリッジが、それと同じアイコンの形状と色のスロットに挿入されていることを確認します。
    番号 : カートリッジを再び取り付ける
    カートリッジを再び取り付ける図
      注意:
    カートリッジを取り付ける際は、インクホルダー上のハンドルを持ち上げないでください。 ハンドルが上がっていると、カートリッジが間違った位置に固定され、印刷に問題が発生する恐れがあります。
  2. 各カートリッジを再び取り付け、続いてカートリッジ アクセス ドアを閉じます。
    番号 : カートリッジ アクセス ドアを閉じる
    カートリッジ アクセス ドアを閉じる図

ステップ 3: 拡張セルフテスト レポートを印刷する

拡張セルフテスト レポートを印刷します。 本文書の冒頭にある拡張セルフテスト レポートの印刷方法を参照してください。
  • この手順で問題が解決し、拡張セルフテスト レポートが印刷される場合は、トラブルシューティングを続行する必要はありません。
  • 問題が解決しない場合は、次の対処方法に進みます。
  • 拡張セルフテスト レポートが印刷されない場合は、次の対処方法に進みます。

対処方法 5: 電源コードを壁のコンセントに直接差し込む

プリンターを壁側のコンセントに直接差し込んで、電源が正しく機能することを確認します。
  1. プリンターの後部から電源コードを抜きます。
  2. 電源コードを電源タップやサージ プロテクターから抜きます。
  3. 電源コードを壁のコンセントに直接差し込みます。
  4. プリンターの後部に電源コードを再び差し込みます。
  5. 電源ボタン () を押して、プリンターの電源をオンにします。
  6. 拡張セルフテスト レポートの印刷を試します。 本書の冒頭にある拡張セルフテスト レポートの印刷方法を参照してください。
    • この手順で問題が解決し、拡張セルフテスト レポートが印刷される場合は、トラブルシューティングを続行する必要はありません。
    • 問題が解決しない場合は、次の対処方法に進みます。
    • 拡張セルフテスト レポートが印刷されない場合は、次の対処方法に進みます。

対処方法 6: プリンターのリセット

以下の手順を実行して、プリンターをリセットします。
  1. メイン給紙トレイにある用紙をすべて取り出します。
  2. 電源ボタン () を押して、プリンターの電源をオフにします。
  3. プリンターの後部から電源コードを抜きます。
  4. 60 秒間お待ちください。
  5. 電源コンセントから電源コードを抜きます。
  6. 電源コードをコンセントに再び差し込みます。
  7. プリンターの後部に電源コードを再び差し込みます。
  8. 電源ボタン () を押して、プリンターの電源をオンにします。
  9. 拡張セルフテスト レポートの印刷を試します。 本書の冒頭にある拡張セルフテスト レポートの印刷方法を参照してください。
    • この手順で問題が解決し、拡張セルフテスト レポートが印刷される場合は、トラブルシューティングを続行する必要はありません。 USB ケーブルを接続して印刷ジョブを続行します。
    • 問題が解決しない場合は、次の対処方法に進みます。
    • 拡張セルフテスト レポートが印刷されない場合は、次の対処方法に進みます。

対処方法 7: プリンターの交換修理を依頼する

上記のステップをすべて実行しても問題が解決しない場合は、HP製品の修理交換を依頼します。
お使いの製品が保証期間内かどうかを確認するには、保証確認Webサイトhttp://www.support.hp.com/checkwarrantyにアクセスします。 HPサポートに問い合わせて、修理または交換をスケジュールします。 アジア太平洋のお客様は、HPサポートに問い合わせて、地域の最寄りのサービスセンターを探します。
保証期間を過ぎた製品の場合、修理費用が発生する可能性があります。


国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...