HP カスタマーサポートへようこそ

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    最近のパソコンの脆弱性に関する情報

    HPでは最近報告されている"Spectre" と"Meltdown" の脆弱性を確認しています。HPはこれらの問題へのパッチ情報と影響のあるシステムについてセキュリティブルテンを発行しています。今後も追加の情報が入り次第更新されるため、お客様へは定期的に確認していただくことをお勧めいたします。

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

Notebook PC シリーズ - WindowsXPのインストール過程でパーティションを分割する方法

対象機種
  • HPビジネスノートブックPCシリーズ
対象OS
  • Microsoft Windows XP
概要
ここでは、「オペレーティングシステムCD」を使用して、Windows XPのインストール過程でハードディスクのパーティションを分割し、OSインストール完了後に「ディスクの管理」ツールからパーティションを作成する手順について説明します。
注意
  • この作業を行うと、ハードディスク上のデータはすべて失われます。 作業を始める前に、必要なデータのバックアップをお取りください。
  • パーティションを分割した場合、「Backup and Recovery Manager」が収録されている製品では、このソフトウェアが正常に機能しない場合があります。
  • OSインストール完了後は、「Application and Driver Recovery DVD」でドライバやソフトウェアのインストールを行ってください。
準備
  • 「オペレーティングシステムCD」を用意します。
  • コンピュータ底面のラベルに書かれているWindows XPのProduct keyをメモしておきます。
    ※ご使用のオペレーティングシステムCDによっては不要な場合があります。
  • コンピュータに周辺機器が接続されている場合は、すべて取り外し、ACアダプタを使用して外部電源に接続します。
手順
■ パーティション分割の方法
  1. 「オペレーティングシステムCD」をオプティカルドライブにセットして、コンピュータを再起動します。
  2. 画面左上に「Press any key to boot from CD...」と表示されましたら、<Enter>キーを押します。
      補足:
    このメッセージは今後セットアップ中に再起動する度に表示されますが、キーを押すのはこの場面だけです。以後、表示されてもキーを押さないでください。
  3. 画面下に「Setup is loading files.. 」と表示されますので、そのまましばらくお待ちください。
  4. 「セットアップの開始」では、<Enter>キーを押します。
  5. 「Windows XPライセンス契約」では、<F8>キーを押します。
  6. ハードディスクにWindows XPがインストールされている場合、修復を行うかのメッセージが表示されます。
    この手順では、修復は行わず新規にインストールしますので、<ESC>キーを押します。
  7. キーボードの種類を選択します。

    日本語キーボードの場合は、<半角/全角>キーを押します。
    英語キーボードの場合は、<スペース>キーを押します。
  8. 選択したキーボードの確認メッセージが表示されます。正しければ<Y>キーを押します。
  9. Windows XPをインストールするパーティションを指定する画面が表示されます。
  10. [C: パーティション1]が選択されている状態で、< D > → <Enter> → < L > の順にキーを押して、パーティションを削除します。
    他にも領域が存在する場合は、それを選択して同様に削除します。
  11. [未使用の領域]のみになりましたら< C >キーを押します。
  12. C:ドライブに割り当てるサイズを、MB単位で指定します。
    既定の数値を<back space>キーで削除し、任意のサイズを入力して<Enter>キーを押します。
    (10000 MB ≒ 10 GB)
  13. [C: パーティション1]が作成されます。
  14. 残りの領域をすべてD: ドライブに割り当てる場合は、そのまま<Enter>キーを押します。
    さらにパーティションを作成する場合は、[未使用の領域]を選択して< C >キーを押し、ドライブに割り当てるサイズを入力して<Enter>キーを押します。
  15. パーティションの分割はこれで完了です。
    [C: パーティション1]を選択してから<Enter>キーを押して次の作業に進みます。
  16. フォーマットを指定します。
    通常は[NTFS ファイルシステムを使用してパーティションをフォーマット]を選択してください。
  17. フォーマットが開始されます。 (フォーマットにはしばらく時間がかかります。)
  18. フォーマットが終わると自動的にファイルのコピーが始まります。
  19. コピーが終わるとコンピュータが再起動されます。
    再起動後、更にセットアップが継続されますので、画面の指示に従い操作します。
    Windows XPインストールの詳細は、サポートページの「Windows XPのインストール方法 (オペレーティングシステムCD編)」をご覧ください。
    また、インストール完了後は、「Application and Driver Recovery DVD」を使用してドライバを適用してください。
■ OSインストール後のパーティション作成方法
以下の手順に従い、「未割り当て」領域にパーティションを作成します。
  1. 管理者権限を持ったユーザで Windows にログインします。
  2. [マイコンピュータ] を右クリックして、 [管理] をクリックします。
  3. 表示画面の左メニューツリーから[ディスクの管理] をクリックすると、以下のような画面が表示されます。
  4. ディスク領域内の [未割り当て]を右クリックし、[新しいパーティション]をクリックします。
  5. [新しいパーティション ウィザード]が起動しますので、[次へ]をクリックします。
  6. 作成するパーティションの種類を選択して、[次へ]をクリックします。
    ここでは、[プライマリパーティション]を選択する場合を例に説明します。
    ※ [拡張パーティション]を選択した場合は、ウィザード終了後にディスク領域内に「空き領域」が表示されます。「空き領域」を右クリックし、同様の手順で [論理ドライブ] を作成します。
    「プライマリ パーティション」と「拡張パーティション」の主な違いについては、こちらをご覧ください。
  7. 作成するパーティションのサイズ(容量)を指定して、[次へ]をクリックします。
    ここでは、最大ディスク容量のサイズを指定しています。
  8. 「ドライブ文字またはパスの割り当て」では、通常はそのまま[次へ]をクリックします。
    ドライブ文字を指定する場合は、プルダウンメニューから指定したいドライブ文字を選択します。
  9. フォーマットの設定画面が表示されます。必要に応じて、設定を変更して[次へ]をクリックします。
  10. [完了]をクリックして、画面を閉じます。
  11. パーティションのフォーマット開始されます。この作業には時間かかりますので、そのまましばらくお待ちください。
  12. フォーマットが完了し、ドライブ文字と状態が[正常]と表示されます。
  13. 残りの[未割り当て]領域がある場合は、同様の手順でパーティションを作成します。
    以上で、完了です。
■ 補足
「プライマリパーティション」と「拡張パーティション」の主な違いについて
1台のディスクには「プライマリパーティション」を最大4つ、もしくは「プライマリパーティション」を最大3つと「拡張パーティション」を1つ作成できます。
  • プライマリパーティション
    「プライマリパーティション」はシステム起動が可能なパーティションです。1つのパーティションに1つのドライブ名が割り当てられ、1つのディスクの中に最大4つまで作成が可能です。
    (例):プライマリパーティションを3つ作成した場合
  • 拡張パーティション
    「拡張パーティション」はシステム起動ができないパーティションです。パーティションを作成しただけではドライブとして認識されません。パーティション作成後、「論理ドライブ」を作成する必要があります。作成された「論理ドライブ」にそれぞれドライブ名が割り当てられ、作成できる論理ドライブ数には制限がありません。
    (例):拡張パーティション内に2つの論理ドライブを作成した場合
文書情報
Q&A番号:NBQA000696
最終更新日:2009/09/01

hp-online-communities-portlet

アクション
ロード中...
国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...