HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    ノートブックPCのバッテリパックの膨張・変形について.

     詳細はこちら

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP Mini 110、1000 PC - Roxio BackOnTrackでハードディスク全体をバックアップする方法

対象機種

「Roxio BackOnTrack」ソフトウェアがプリインストールされている以下のモデル
  • HP Mini 110
  • HP Mini 1000(2009年夏モデル)※
    ※2009年夏モデル以前のモデルは該当しません。

概要

上記対象機種では、「Roxio BackOnTrack」の”災害リカバリ機能”を使用して、ハードディスク全体をバックアップすることができます。ハードディスク故障やソフトウェアのトラブルなどで、万一Windowsが起動しなくなった場合に、バックアップしたディスクからシステムファイルや作成したデータをまとめて復元できます。
ここでは、「Roxio BackOnTrack」でハードディスク全体をバックアップする方法について説明します。
補足:
本ソフトウェアの動作およびHDD内のデータに関しましては、いかなる場合においても弊社では保証いたしかねます。 大切なデータは常にバックアップして頂きますようお願いいたします。
※本ソフトウェアの詳細は、ソフトウェアを起動して、メニューの[ヘルプ(H)]「Roxio ヘルプセンター」からご覧いただけます。
※本ソフトウェアのサポートは、ソフトウェアベンダー様からの提供となります。

作業前にお読みください

■ 準備
  • 書き込み可能なUSBオプティカルドライブを用意します。
  • バックアップするためのメディアを用意します。
    使用するオプティカルドライブの種類に応じて、以下のいずれかのメディアを用意します。
    使用できるメディア
    CD-R,CD-RW,DVD-R,DVD-RW,DVD+R,DVD+RW,DVD-RAM,DVD+R DL,DVD-R DL
    ※ 「リカバリ用起動ディスク」(容量約206MB)と「システムバックアップデータ」が作成されます。
    必要枚数は、バックアップするドライブおよびデータ容量によって異なります。
    「システムバックアップデータ 」は、メディア以外にUSB外付けハードディスクなどに保存することも可能です。
    (例): Mini1000 SSD32GBモデルで、初期セットアップ直後にバックアップした場合
    • 「リカバリ用起動ディスク」:CD 1枚
    • 「システムバックアップデータ」:DVD 1枚
■ 所要時間
所要時間は、バックアップするドライブおよびデータの容量によって異なります。
(例): Mini1000 SSD32GBモデルで、初期セットアップ直後にバックアップした場合では、約50分程かかります。
■ 注意
  • リカバリする場合、バックアップしたコンピュータ以外ではご利用いただけません。
  • USBオプティカルドライブ以外の周辺機器をすべて取り外してから実行してください。
  • バックアップ中に画面表示が消えることを防ぐため、スクリーンセーバーの設定を「なし」にします。
  • 他のアプリケーションが起動している場合はすべて終了します。 バックアップ中は他のプログラムを起動しないでください。
  • ネットワークに接続されている場合は、LANケーブルを外したり無線をオフにするなどして、ネットワークを切断してください。

操作手順

■ ハードディスクをバックアップする方法
  1. ACアダプタとUSBオプティカルドライブを接続します。
  2. [スタート]→[すべてのプログラム]→[Roxio]→[BackOnTrack]→[BackOnTrackホーム]の順にクリックします。
  3. はじめて「BackOnTrack」を起動する場合、Roxioの「製品の登録」画面が表示されます。
    登録を行う場合は、インターネットに接続して画面の指示に従い手続きを完了します。
    登録を中止した場合でも、あとから登録できます。
  4. 「BackOnTrack」画面が表示されます。
  5. 左ナビから[災害リカバリ]をクリックし、[ドライブバックアップ]をクリックします。
  6. 1.の欄に[災害リカバリセット]が表示されていることを確認して、画面右下のボタンをクリックします。
  7. 次の画面が表示されますので、メディアをドライブにセットして[作成]をクリックします。
    補足:
    ここで作成されるディスクは、リカバリ用起動ディスクです。
    はじめて「災害リカバリセット」を実行する場合は、必ず作成してください。
    作成済みの場合は、[スキップ]して、手順11に進みます。
  8. 以下の画面が表示された場合は、再度メディアをセットして、[OK]をクリックします。
  9. ディスクの作成が開始されます。
  10. ディスクが作成されますと自動的に排出されます。
    [OK]をクリックして、ディスクを取り出します。
  11. これ以降は、ハードディスク全体のバックアップを行います。
    ここでは、DVDメディアにバックアップする手順を例に説明します。
    次の確認画面が表示されますので、[OK]をクリックします。
  12. 次の画面が表示されますので、ドライブにメディアをセットして、[OK]をクリックします。
  13. バックアップが開始されますので、そのまましばらくお待ちください。
    途中メディアを要求された場合は、画面の指示に従い操作します。
  14. 次の画面が表示されましたら、[完了]をクリックします。
以上で、ハードディスクのバックアップは完了です。
■ バックアップディスクの保管について
作成したディスクは、高温、湿気、光(日光、蛍光灯)にさらされる場所を避け、ケースに入れて大切に保管してください。

関連情報

本手順でバックアップしたシステムファイルやデータ等、ハードディスク全体を復元するには、下記のサポート情報をご覧ください。

文書情報

Q&A番号:NBQA000691
最終更新日:2011/12/15
・ この資料の内容は予告なく変更されることがあります。
・ いかなる場合でも、この資料の内容およびその運用の結果に関しては一切の責任を負いません。
・ この資料に記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
・ この資料の一部または全部を無断で使用、複製することはできません。


国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...