HP カスタマーサポートへようこそ

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP LaserJet P4010 および P4510 シリーズプリンター - メモリ、内蔵 USB デバイス、およびプリント サーバー カードの取り付け

概要
フォーマッタには、プリンターの機能を拡張するための次の空きスロットおよびポートがあります。
  • プリンターのメモリをアップグレードするためのデュアル インライン メモリ モジュール (DIMM) スロット 1 個
  • フォント、言語、およびその他の他社製ソリューションを追加するための内蔵 USB ポート 2 個
  • プリント サーバー、ハード ディスク、またはパラレル ポートを追加するための EIO スロット 1 個
    HP Jetdirect プリント サーバーが内蔵されている機種でも、EIO スロットにプリントサーバー カードを追加することができます。
使用可能なコンポーネントの詳細については、サプライ品とアクセサリ を参照してください。
インストールされているメモリ容量や、USB ポートまたは EIO スロットにインストールされているカードを確認する場合は、設定ページを印刷してください。
メモリのインストール
複雑なグラフィックスや PostScript (PS) 文書を頻繁に印刷したり、ダウンロード フォントを多用する場合は、メモリを追加することをお勧めします。メモリを追加すると、クイック コピーなどのジョブ保存機能をより柔軟に使用することができます。
この機種では、128 MB のメモリを内蔵している場合に PDF ファイルのダイレクト印刷をサポートします。ただし、最高のパフォーマンスを得るには、メモリを 192 MB 以上にアップグレードすることをお勧めします。
  補足:
以前の HP LaserJet 機種に使用されていたシングル インライン メモリ モジュール (SIMM) は、この機種では使用できません。
メモリの取り付け
この機種には、DIMM 用のスロットが 1 個あります。
  注意:
静電気は DIMM に損傷を与えます。DIMM の取り扱い時には、静電気防止用リスト ストラップを着用するか、頻繁に DIMM の静電気防止パッケージの表面に触れてから、プリンターの金属部分に触れるようにしてください。
メモリを増設する前に、設定ページを印刷してインストールされているメモリの容量を確認してください。情報ページと手順の表示ページの印刷を参照してください。
  1. 設定ページを印刷した後で電源を切り、電源コードを抜きます。
    電源コードとオン/オフ スイッチの位置
  2. すべてのインターフェース ケーブルを取り外します。
    インターフェース ケーブルの位置
  3. 右側のパネルをプリンターの後方に向けてスライドさせ、ラッチを外して取り外します。
    右側のパネル
  4. アクセス ドアの金属製のタブを掴んで開きます。
    フォーマッタ ケージのアクセス ドア
  5. 静電気防止パッケージから DIMM を取り出します。
    新しい DIMM の取り出し
      注意:
    静電気による損傷の危険性を減らすために、常に静電放電 (ESD) リスト ストラップを着用するか、静電防止パッケージの表面に触れてから DIMM に触れるようにしてください。
  6. DIMM の両端を持って、DIMM の切りこみ位置と DIMM スロットを合わせます。
    DIMM の位置調整
  7. DIMM をスロットに差してしっかり押し込みます。DIMM スロットの両端のロックがカチッと音がして固定されたことを確認します。
    DIMM の取り付け
      補足:
    DIMM を取り外すには、最初にロックを解除します。
    DIMM ロック
  8. アクセス ドアを閉じて、カチッと音がするまでしっかり押します。
    フォーマッタ ケージのアクセス ドア
  9. 右側のパネルを戻します。パネルのタブを本体のスロットに合わせて差し込み、プリンターの正面に向かってスライドさせてラッチをはめて固定します。
    右側のパネル
  10. インターフェース ケーブルと電源コードを接続します。
    インタフェース ケーブル
  11. プリンターの電源を入れます。
DIMM の取り付けの確認
DIMM を取り付けた後で、プリンターに正しく認識されていることを確認します。
  1. プリンターの電源を入れます。起動処理が終了したら、[印字可] ランプが点灯していることを確認します。エラー メッセージが表示された場合は、DIMM が正しくインストールされていない可能性があります。コントロール パネルのメッセージの意味を参照してください。
  2. 設定ページを印刷します (情報ページと手順の表示ページの印刷を参照)。
  3. 出力される設定ページと、メモリを取り付ける前に印刷した設定ページの [Memory] の部分を比較します。メモリ容量が増えていない場合は、DIMM が正しく取り付けられていないか、障害がある可能性があります。取り付け手順を繰り返してください。また、必要に応じて別の DIMM を取り付けて確認を行ってください。
リソースの保存 (常駐リソース)
プリンターにダウンロードするユーティリティやジョブにはリソースが含まれます (たとえば、フォント、マクロ、パターンなど)。永久リソースとして指定したリソースは、プリンターの電源を切るまでプリンターのメモリ上に保存されます。
ページ記述言語 (PDL) を使ってリソースを常駐リソースとして指定する場合は、次のガイドラインに従ってください。技術的な詳細情報については、各 PDL の技術資料を参照してください。
  • 常駐リソースとして保存するのは、本当に必要がある場合のみ行ってください。リソースは、プリンターの電源がオンの間メモリ上に保存されます。
  • 常駐リソースは、必ず印刷ジョブの直前に(またはジョブの先頭部分として)送信し、印刷中は送信しないでください。
  補足:
常駐リソースを使用しすぎたり、印刷中に常駐リソースを送信したりすると、プリンターのパフォーマンスが低下したり、複雑なページの印刷に影響することがあります。
Windows でのメモリの有効化
  1. Windows XP および Windows Server 2003 (標準の [スタート] メニューの場合): 「スタート」「プリンタと FAX」 の順にクリックします。
    または
    Windows 2000、Windows XP、Windows Server 2003 (クラシック [スタート] メニューの場合): 「スタート」「設定」「プリンタとFAX」 の順にクリックします。
    または
    Windows Vista: 「スタート」「コントロール パネル」 の順にクリックし、「ハードウェアとサウンド」 カテゴリで 「プリンタ」 をクリックします。
  2. ドライバーのアイコンを右クリックし、「プロパティ」を選択します。
  3. [デバイスの設定] タブをクリックします。
  4. [インストール可能なオプション] の部分を展開します。
  5. [プリンタメモリ容量] 欄でインストール済みメモリの合計容量を選択します。
  6. [OK] をクリックします。
内部 USB デバイスの取り付け
プリンターには内部 USB ポートが 2 個あります。
  1. プリンターの電源を切り、電源コードを抜きます。
    電源コードと電源スイッチの位置
  2. すべてのインターフェース ケーブルを抜きます。
    インターフェース ケーブルの位置
  3. 右側のパネルをプリンターの後方に向けてスライドさせ、ラッチを外して取り外します。
    右側のパネル
  4. アクセス ドアを金属製のつまみをつかんで開きます。
    フォーマッタ ケージのアクセス タブ
  5. フォーマッタ ボードの下方にある USB ポートを探します。USB デバイスをいずれかのポートに差し込みます。
    USB ポートの位置
  6. アクセス ドアを閉じ、カチッと音がするまでしっかりと押します。
    フォーマッタ ケージのアクセス ドア
  7. 右側のパネルを戻します。パネルのタブを本体のスロットに合わせて差し込み、プリンターの正面に向かってスライドさせてラッチをはめて固定します。
    右側のパネル
  8. インターフェース ケーブルと電源コードを接続します。
    インターフェース ケーブル
  9. プリンターの電源を入れます。
HP Jetdirect プリント サーバー カードの取り付け
EIO スロットへのカードの取り付けや取り外しを行う場合は、以下の手順をご参照ください。
HP Jetdirect プリント サーバー カードの取り付け
  1. プリンターの電源を切ります。
  2. プリンター背面の EIO スロットから 2 本のネジとカバー プレートを取り外します。
      補足:
    ネジとカバー プレートは 、EIO カードを外した場合に使用できるように廃棄せず保管しておくことをお勧めします。
  3. EIO カードを EIO スロットに取り付け、ネジを締めます。
  4. ネットワーク ケーブルを EIO カードに接続します。
  5. プリンターの電源を入れ、構成ページを印刷して追加した EIO カードが認識されていることを確認します 情報ページと手順の表示ページの印刷を参照してください。
  補足:
設定ページを印刷すると、ネットワークの設定とステータス情報を含む HP Jetdirect 設定ページも印刷されます。
HP Jetdirect プリント サーバー カードの取り外し
  1. プリンターの電源を切ります。
  2. EIO カードからネットワーク ケーブルを取り外します。
  3. EIO カードの 2 本のネジを緩めてから、EIO カードを EIO スロットから取り外します。
  4. EIO スロットのカバー プレートを取り付けます。2 本のネジを差し込んで締めます。
  5. プリンターの電源を入れます。

hp-online-communities-portlet

アクション
ロード中...
国: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...