HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    Windows 10アップデートの問題を修正する

    HPコンピューターまたはプリンターでのWindows 10または更新の問題を解決します – 確認はこちら

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP ノートブック PC - バッテリパックの膨らみついて

ケース

一部のノートブック PC 用のオプションバッテリパックは、リチウムイオンポリマーバッテリが用いられています。本ドキュメントでは、リチウムイオンポリマーバッテリの特性に伴う、バッテリパックの膨らみについて説明します。

解決方法

リチウムイオンポリマーバッテリ特性について
リチウムイオンポリマーバッテリのセル内部では、劣化に伴い、電解質が酸化しガスが発生します。そのため、バッテリセルが寿命に近づくと、バッテリパックが膨らむ場合があります(バッテリパックは、コーティングされており、外部にガスが漏れることはありません)。これはリチウムイオンポリマーバッテリの特性で安全上の問題はありません。
膨張したバッテリパックは、使用を中止し、速やかに新品のバッテリパックと交換してください。
寿命に至ったバッテリパックを継続して、本体に装着し続けることは、本体の故障の原因になる場合がありますのでご注意ください。
バッテリパックの寿命を延ばす方法について
  • 充電する場合は、電池残量表示が 30% 程度になってから行います。また、直射日光を避け、涼しく湿気の少ない場所で充電を行います。電池残量が高い状態での継ぎ足し充電は、バッテリの劣化を加速し、バッテリパックの寿命が短くなることがあります。
  • 製品に付属のリチウムイオンバッテリパックは、およそ300回程度※1の充放電サイクルが可能です。バッテリパックの寿命は使用環境により異なりますが、『使用開始から1年』が目安となり、使用を繰り返すと徐々に劣化して、バッテリ容量が低下していきます。また、バッテリ駆動で使用しない場合でも、バッテリを装着した状態のままAC電源に接続して使用し続けると、徐々に劣化が進行します。本体装着した状態の場合、バッテリパックが本体の熱により、室温より高い温度(約40~50℃)で保たれるために、劣化がさらに加速されます。 通常、バッテリパックの保存温度が10℃高くなると、劣化の速度が2倍になります。
  • 2週間以上、バッテリ駆動で使用しない場合や、長期間コンピュータを使用しない場合は、バッテリパックを取り外して保管することで劣化を防ぎ寿命を延ばすことができます。
  • バッテリパックの保管:バッテリ残量が30~50%の状態にして取り外し、直射日光を避け、涼しく湿気の少ない場所に保管してください。満充電に近い状態での保管を繰り返すと、寿命を縮める場合があります。ビニール袋等に入れてバッテリパックの端子にショートが起こらないように保管してください。高温にさらされる場所には保管しないでください。夏季の自動車の中など、高温にさらされる場所に長時間置くと、バッテリの劣化や故障の原因となる場合があります。
  • リチウムイオンバッテリパックは、バッテリセル内部の容量が完全になくなる(過放電状態)と再充電ができなくなります。長期間保管しておく場合は、3ヶ月に1回程度を目安に定期的にバッテリ残量を確認し、30%以下になっている場合は30~50%の間になるまで充電をおこなってください。
  • バッテリを取り外し、AC電源のみでコンピュータを使用した場合、停電などで電源が断たれるとすぐに切れてしまいますので、作業中のデータはこまめに保存することを推奨します。UPS用途でバッテリパックを使用しないにも関わらず、継続的にバッテリパックを本体に装着は、お勧めしません。バッテリの劣化や故障の原因となる場合があります。
  • 雷が鳴り始めたら速やかに使用を中止するか、AC電源を取り外し、バッテリ電源に切り替えてください。
  • バッテリパックに衝撃や力を加えないようご注意ください。バッテリパックの故障の原因となる場合があります。
※ バッテリパックの取り扱い、保管方法はコンピュータのマニュアルにも記載されています。各機種のマニュアルをご確認ください。
※1 バッテリパックの寿命は使用環境によって変化します。充放電サイクル回数を保証するものではございません。


国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...