HP カスタマーサポートへようこそ

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP Designjet 500/500plus/500mono/510/800 プリンターシリーズ - 拡張精度(用紙送り)キャリブレーションを行う

  補足:
本コンテンツはユーザーズガイドからの抜粋です。詳細はユーザーズガイドも参照してください。
対象機種
HP Designjet 500/500plus/500mono/510/800
説明
拡張精度キャリブレーション(用紙送りの校正)の手順について、ご説明します。
[トラブルの解決]手順の自己診断プリントAを印刷した際、破線に問題有りと認識するとプリンターから拡張精度キャリブレーション(用紙送りの校正)を実施するようフロントパネルに表示されます。
拡張精度(用紙送り)キャリブレーションを行う
  補足:
ここでは、HP Designjet 500プリンターのフロントパネル画面を例に説明致します。
ご利用機種によって、表示される画面等が異なります、ご了承ください。
  1. 精度を合わせたい用紙(印刷精度に不具合が発生した用紙)を準備します。
      補足:
    • トレーシングペーパーは伸縮するために、最適な精度を得られない場合があります。
      代わりにマットフィルム、光沢フォト用紙、コート紙をご利用ください。
    • ロール紙/カット紙どちらでも構いませんが、縦:65cm 横:50cm以上必要です。
      ただし、A1モデルでカット紙を使用する場合は、A1以上のサイズの紙を用意してください。
  2. フロントパネルのヨウシメニューから、「ロールシヲ トリツケル」を選択し、「入力」ボタンを押します。
      注意:
    カット紙を使用する場合でも、「ロールシヲ トリツケル」を選択し、ロール紙給紙口(背面)より用紙を取り付けます。
  3. ロール紙給紙口(背面)より、用紙を取り付けます。その際、必ずプリンターの用紙種類の設定を、取り付ける用紙と合わせてください。
  4. フロントパネルのヨウシメニューから「カクチョウ セイド コウセイ」を選択し、「入力」ボタンを押します。
  5. 「パターンノ サクセイ」を選択し、「入力」ボタンを押します。
  6. ロール紙を使用した場合は、フロントパネルに「ヨブンナ ヨウシヲ ロールニ マキトッテ クダサイ カンリョウ シマシタラ <ニュウリョク>ヲ オシテ ツヅケマス」と表示されます。ロールに用紙を巻き取り、「入力」ボタンを押します。
  7. 校正パターンが印刷されます。
    印刷後、プリンターに取り付けている用紙を取り外します。
  8. パターンを印刷した用紙を印刷された面を上に、点線部分を先にして、カット紙として取り付けます。用紙種類は、必ず手順3で選択した種類と合わせます。
  9. 「ヨウシ」メニューを開きます。
  10. 「カクチョウ セイド コウセイ」を選択し、「入力」ボタンを押します。
  11. 「パターンノ ソクテイ」を選択し、「入力」ボタンを押します。プリンタが用紙に適切な内部調整を行います。
  12. 「コウセイハ セイジョウニ オコナワレマシタ <ニュウリョク>ヲ オシテ ツヅケマス」と表示されます。
    拡張精度キャリブレーション(用紙送りの校正)は、完了です。
_______________________________________________________________

公開日:2004/12/17
_______________________________________________________________

hp-online-communities-portlet

アクション
ロード中...
国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...