HP カスタマーサポートへようこそ

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP Color LaserJet CP3525dn プリンター - カラーの管理

プリンタ ドライバの [カラー] タブで設定を変更することで、カラーを管理します。
自動
カラー オプションを [自動] に設定すると、通常はカラーのドキュメントで可能な最高の印刷品質で印刷されます。[自動] カラー調整オプションでは、ドキュメントの各要素に対して、グレー中間色の調整、ハーフトーン、輪郭強調が最適化されます。詳細は、お使いのプリンタ ドライバのオンライン ヘルプを参照してください。
  補足:
デフォルト設定は [自動] です。この設定は、すべてのカラーのドキュメントを印刷するのに適しています。
グレースケールでの印刷
プリンタ ドライバから [グレースケールで印刷] オプションを選択すると、カラー文書が白黒で印刷されます。このオプションは、コピーまたはファックス送信するカラー文書の印刷に役立ちます。
[グレースケールで印刷] を選択すると、モノクロ モードで印刷され、カラー カートリッジの消費を抑えることができます。
カラーの使用制限
このプリンタには [カラーの使用制限] 設定があります。ネットワーク管理者は、カラー トナーを節約するために、この設定を使用して、ユーザーのカラー印刷を制限することができます。カラー印刷ができない場合は、ネットワーク管理者に問い合わせてください。
カラー印刷の制限
  1. [メニュー] ボタン を押します。
  2. 下矢印ボタン を押して、[デバイスの設定] メニューを選択し、[OK] ボタンを押します。
  3. 下矢印ボタン を押して、[システム セットアップ] メニューを選択し、[OK] ボタンを押します。
  4. 下矢印ボタン を押して、[カラーの使用制限] メニューを選択し、[OK] ボタンを押します。
  5. 次のいずれかのオプションを選択します。
    • カラー無効
      どのユーザーもカラー印刷機能を使えないようにします。
    • カラー有効 (デフォルト)
      すべてのユーザーに対してカラー印刷機能の使用を許可します。
    • 権限がある場合はカラーを使用
      ネットワーク管理者が、カラー印刷を許可するユーザーやアプリケーションを選択します。このためには、内蔵 Web サーバーを使用します。
  6. [OK] ボタンを押して保存します。
カラーの使用の制限とレポート作成については、www.hp.com/go/coloraccess を参照してください。
手動カラー調整
[手動] カラー調整オプションを使用すると、テキスト、グラフィックス、および写真に適用する無彩色のグレー カラー処理、ハーフトーン、エッジ強調を調整できます。手動カラー オプションを設定するには、[カラー] タブで [手動]、[設定] の順にクリックします。
手動カラー オプション
テキストやグラフィック、写真のグレー中間色、ハーフトーン、エッジ コントロールを調整するには、手動のカラー オプションを使用します。
手動カラー オプション
設定の説明
設定のオプション
ハーフトーン
ハーフトーン オプションは、カラー出力の解像度と鮮明度に影響しま⁠す。
  • スムーズ は、塗りつぶされた領域が広範囲にわたっている場合に適しており、滑らかなカラー グラデーションにより写真の品質が向上します。均一で滑らかな出力を優先する場合は、このオプションを選択してください。
  • 詳細 は、線または色を明確に区別しなければならないテキストやグラフィックス、またはパターンのある画像や描写の特に細かい画像に適しています。鮮明な輪郭や細部を優先する場合は、このオプションを選択してください。
グレー中間色
グレー中間色 設定により、テキスト、グラフィックスおよび写真で使用されるグレー カラーの作成方法が決まりま⁠す。
  • は、黒トナーのみを使用して中間色 (グレーおよび黒) を生成します。この方法では、色かぶりのない中間色が保証されます。この設定は、ドキュメントやグレースケールのビューグラフに最適です。
  • 4 色 は、全色のトナーを組み合わせることによって無彩色 (グレーと黒) を生成します。この方法では、別の色への変化がよりスムーズで、深みのある黒が生成されます。
エッジ コントロール
エッジ コントロール 設定は、エッジのレンダリング方法を指定します。エッジ コントロールには、 適合ハーフトーン設定とトラッピングという 2 つのコンポーネントがあります。適合ハーフトーン設定はエッジの鮮明度を上げます。トラッピングは、隣接するオブジェクトのエッジをわずかに重ね合わせることによって、カラー プレーンのずれを軽減します。
  • 最大 は最も強力なトラッピング設定です。適合ハーフトーン設定はオンになります。
  • 標準 では、トラッピングを中レベルに設定します。適合ハーフトーン設定はオンになります。
  • 最小 では、トラッピングを最小レベルに設定します。適合ハーフトーン設定はオンになります。
  • オフ はトラッピングと適合ハーフトーン設定の両方をオフにします。
カラー テーマ
ページ全体の [RGB カラー] オプションを調整するには、カラー テーマを使用します。
設定の説明
設定オプション
RGB カラー
  • デフォルト (sRGB) では、RGB カラーを sRGB に変換するようにプリンタに指示します。sRGB 規格は、Microsoft および World Wide Web Consortium (http://www.w3.org) で認められた規格です。
  • フォト (sRGB) では、RGB カラーが、デジタル ミニラボを使⁠った写真として印刷されたように変換されます。デフォルト (sRGB) モードとは異なり、より深みのある色合いにレンダリングされます。写真の印刷には、この設定を使用します。
  • フォト (Adobe RGB 1998) は、sRGB ではなく、AdobeRGB カラー スペースを使用するデジタル フォト用です。AdobeRGB を採用するプロフェッショナル向けのソフトウェア プログラムから印刷する場合、ソフトウェア プログラムのカラー管理をオフにして、製品でカラー スペースを管理できるようにすることが重要です。
  • 鮮明 (sRGB) に設定すると、中間色の彩度が上がります。あまりカラフルでないものがよりカラフルに表示されます。この設定は、ビジネス用グラフィックスの印刷にお勧めします。
  • なし は、raw デバイス モードで RGB データを印刷するようにプリンタを設定します。このオプションが選択されている場合に、写真を正しく表示するには、作業中のプログラムまたはオペレーティング システムでカラーを管理する必要があります。
  • ユーザー定義プロファイル では、中間トーンでカラーの彩度が上がります。あまりカラフルでないものがよりカラフルに表示されます。ユーザー定義プロファイルは、www.hp.com/go/cljcp3525_software からダウンロードできます。

hp-online-communities-portlet

アクション
ロード中...
国: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...