HP カスタマーサポートへようこそ

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    サムスンプリンターをご利用のお客様ようこそHPへ

    サムスンプリンターのサポートについてはこちらへ 詳細情報

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP Compaq Business Desktop dc7100 シリーズ - リストア手順 (Windows XP Home Edition)

対象機種
  • HP Compaq Business Desktop dc7100 SF
  • HP Compaq Business Desktop dc7100 MT
  • HP Compaq Business Desktop dc7100 US
対象OS
  • Microsoft Windows XP Home Edition
解説
本手順での使用CD
  • hp restore plus! start with this CD for restore (360180-B21)
  • business desktops Operating System CD Microsoft Windows XP Home SP1a (341938-291)

  注意:
リストア作業とは、ご利用のコンピュータを購入直後のプリインストール状態に復旧する作業になります。
下記の技術情報では、操作の注意事項をまとめています。ご一読の上、作業を実施してください。

» リストア作業を始める前に
操作手順
  1. CDドライブに [ hp restore plus! ] CD-ROM をセットし、コンピュータを再起動します。

  2. CD-ROMから起動し言語選択画面が表示されます。↑↓キーにて[日本語-日本語表示には、この行を選択してください]を選択し、[次へ]をクリックします。

  3. [ Restore Plus! CD ] の開始画面が表示されますので、[開始]ボタンをクリックします。

  4. オペレーティングシステム、言語、国名選択画面が表示されます。以下の項目をメニューから選択し[次へ]ボタンをクリックします。
    [オペレーティングシステム] - Windows XP Home Edition
    [言語] - 日本語
    [国名] - 日本
      補足:
    ご購入製品に添付された Oprating System CD 以外のWindowsにつきましてはセットアップできませんのでご注意ください。

  5. 下記メッセージ内容、および 4. にて選択した[ Windows XP Home Edition ]、[ 日本語 ]が表示されていることを確認します。続けるには[次へ]ボタンをクリックします。
    下記のオペレーティングシステムをリストアします。

    このユーティリティによってハードディスクドライブが再フォーマット されて1つのパーティションになり、現在ハードディスクドライブに 保存されているすべてのデータが消去されます。
    ~以下、省略

  6. 下記メッセージが表示されますのでハードディスクドライブのファイルシステム形式を決定します。
    青い二つの矢印ボタンがあるので、システムがサポートしているファイルシステムを選択します。
    ハードディスクドライブの分割構成を選択してください。
    ~以下、省略
      補足:
    どちらの矢印ボタンをクリックしても [FAT32] - [NTFS] - [FAT32] が繰り返し表示されます。
    • [NTFS] ではハードディスクドライブ全領域がひとつのパーティションで作成されます。
    • [FAT32] では32GBのパーティションが作成され、残りのハードディスク領域を分割して使用することが可能です。(*)
    ※ [次へ] ボタンを選択して作業を継続した場合、 現在のハードディスクドライブ内のパーティションは一度全て削除され新たにパーティションの再作成・フォーマットが行われますので記録されている全てのデータは消去されます。
    リストア作業を終了する場合には [終了] ボタンをクリックするとリストア作業がキャンセルされます。

  7. 以下のメッセージの警告が表示されます。確認して[次へ]ボタンをクリックします。
    警告

    次の操作を行うとハードディスク上のデータはすべて削除されま す。次に進む前に必要なデータのバックアップを取ってください。
    ~以下、省略

  8. 以下のメッセージボックスが表示されます。内容を確認して[はい]ボタンをクリックします。
    警告

    これによって、論理パーティションを含むプライマリハードディスク ドライブのすべてのデータが削除されます。

    処理を続行しますか。
    [はい] [いいえ]
    ※ [はい]ボタンを選択して作業を継続した場合、現在のハードディスクドライブ内のパーティションは一度全て削除され新たにパーティションの再作成・フォーマットが行われますので記録されている全てのデータは消去されます。
    リストア作業を終了する場合には[終了]ボタンをクリックするとリストア作業がキャンセルされます。

  9. 作業中に以下のメッセージが表示されます。
    [ドライブのパーティショニング]

    ドライブ| パーティションサイズ| ファイルシステム| 説明
    C | xxxxx MB| NTFS(or FAT32)| ブートパーティション

    ドライブを分割しています。お待ちください。
    ※ [NTFS]ではハードディスクドライブ全領域がひとつのパーティションで作成されます。[FAT32]では32GBのパーティションが作成されます。

  10. 自動的に再起動が行われます。


  11. CDからハードディスクへファイルコピーが行われます。


  12. コピーが終了するとCDドライブのトレイが開き以下のメッセージが表示されますので [ hp restore plus! ]CD-ROM を取り出し [ Operating System CD Microsoft Windows XP Home SP1a ] CD-ROM をCDドライブにセットしてトレイを閉じ[次へ]ボタンをクリックします。
    現在セットされているCDを取り出して下記CDをセットしてください。
    続けるには[次へ]をクリックしてください。
    Microsoft Windows XP Home Edition Japanese
    ※ CDをセットしないで、[次へ]ボタンをクリックすると "Microsoft Windows XP Home Edition - Japanese CD を挿入してください。[OK]ボタンを押して処理を続行してください" とメッセージボックスが表示されます。
    この場合はCDを入れて[OK]ボタンのみクリックしても先に進みません。続けて[次へ]ボタンをクリックします

  13. CDからハードディスクへファイルコピーが行われます。


  14. コピー終了後に以下のメッセージが表示されます。CDドライブのトレイが開きますので [ Operating System CD ] をトレイから取り出します。
    トレイを閉じて[スキップ]ボタンをクリックします。
    現在セットされているCDを取り出してください。

    お買い上げいただいたモデルによっては、1枚または複数のRestore Supplemental Software CDがシステムに付属しています。
    ~以下、省略

  15. 以下のメッセージが表示されますので[セットアップ開始]ボタンをクリックします。
    Restore Plus! CDにより、ハードディスクのフォーマットとシステムに必要 なファイルのハードディスクへのコピーが終了しました。
    ~以下、省略

  16. コンピュータが再起動します。


  17. 以下のメッセージが表示されドライバやソフトウェアが自動的にインストールされます。
    ソフトウェアをインストールしています。システムは自動的に再起動します。
    ~以下、省略

  18. 再起動後、Windows XP のデスクトップ画面に以下のメッセージが表示されます。
    ※ マウス等による操作が可能な状態ですが一切操作はしないでください。
    Factory プレインストール
    ~以下、省略

  19. 続いて再度以下のメッセージが表示されますのでしばらく待ちます。処理が進行すると自動的に再起動します。
    ソフトウェアをインストールしています。システムは自動的に再起動します。

  20. Microsoft Windows XP の起動ロゴと "しばらくお待ちください。"が表示されます。


  21. [Microsoft Windowsへようこそ]画面が表示されます。[次へ]ボタンをクリックします。


  22. [システム設定の選択]画面が表示されます。地域、言語、キーボードの種類が表示されます。以下の表示がされていることを確認して、[次へ]ボタンをクリックします。
    地域:日本
    言語:日本語
    キーボード:日本語(MS-IME2002)

  23. [タイムゾーンを選択してください]画面が表示されます。以下の表示がされていることを確認して、[次へ]ボタンをクリックします。
    [(GMT+09:00)大阪、札幌、東京](反転表示)
    ※ [自動的に夏時間を調整する]のチェックボックスはすでにチェックされており、チェックを外すことができません。
    これは[(GMT+9:00)大阪、札幌、東京]を選択している場合、必須となります。
  24. [使用許諾契約]画面が表示されます。
    契約内容に同意される場合は、二ヶ所の[同意します]ボタンともクリックしてチェックをつけた後に[次へ]ボタンをクリックします。


  25. [コンピュータに名前を付けてください]画面が表示されます。[このコンピュータの名前]欄には自動的に文字が入っています。
    ([コンピュータの説明]欄には何も文字は記入されておりません。)必要に応じて任意のコンピュータ名と説明を入力し、[省略]ボタンをクリックします。
    ※ "コンピュータ名は半角15文字以内で指定し、ハイフンと0から9までの数字とAからZまでの文字(大文字と小文字)が使用できます。それ以外の文字や空白は含めないようにしてください"と記載されています。またコンピュータの説明には"コンピュータ名と違い、コンピュータの説明には空白や特殊文字を含めることができます。"と記載されています。コンピュータの説明は省略可能です。

  26. [インターネット接続を確認します]画面が表示された後、[インターネットに接続する方法を指定してください]画面(または [このコンピュータを直接またはネットワーク経由でインターネットに接続しますか?]画面)が表示されますが[省略]ボタンをクリックします。
    ネットワーク設定につきましてリストア作業終了後に別途ご設定をお願いいたします。


  27. [Microsoftにユーザー登録する準備はできましたか?]画面が表示されます。
    [いいえ、今回はユーザー登録しません]をクリックし[次へ]ボタンをクリックします。
    ユーザー登録につきましては、リストア作業終了後に必要に応じて登録作業をお願いいたします。


  28. [このコンピュータを使うユーザーを指定してください]画面が表示されます。
    [ユーザー1]のボックスに任意のユーザー名を入力していただき、[次へ]ボタンをクリックします。
    ※ このコンピュータを使う各ユーザーの名前を入力してください。各ユーザーに別々のユーザーアカウントが作成されます。これによりユーザーは、情報の管理や表示方法を指定したり、ファイルやコンピュータ設定を保護したり、デスクトップをカスタマイズできるようになります。

  29. [PCを守る]画面が表示されます。[次へ]ボタンをクリックします。


  30. [設定が完了しました]画面が表示されます。[完了]ボタンをクリックします。


  31. 『ソフトウェアは正常にインストールされました』とメッセージが表示されます。[OK]ボタンをクリックします。


  32. Microsoft Windows XP の起動ロゴと "しばらくお待ちください。"が表示されます。
    何度か起動ロゴが表示されたあと消えますが、そのままお待ちください。


  33. デスクトップ画面が表示されます。[WindowsXPのツアーを始める]のバルーンも表示されます。
    閉じるにはバルーン内の[閉じる]ボタンをクリックします。

以上でリストア作業は終了です。
  補足:
コンピューターの使用を開始する前に、下記の点にご注意ください。
  • コンピュータをネットワークに接続して利用する場合は、ネットワークケーブルの接続前にウイルス対策ソフト・セキュリティ対策ソフト等をインストールすることを推奨いたします。
  • ネットワーク接続後は他のアプリケーションをインストールする前に Windows Update にてWindowsを最新の状態にアップデートしておくことをおすすいたします。
  • お客様のコンピュータのハードウエア構成によっては、別途付属しているCDより [Roxio Easy CD Creator] (CD / DVDへの書き込みアプリケーション類) 等をインストールしてご利用ください。
    なお、アプリケーションは出荷時期によりバージョンが異なる同等機能の別製品となる場合がございます。ご了承ください。
備考
* 手順6. のハードディスクドライブの分割構成の画面で、ファイルシステムをFAT32を選択した場合、残りのパーティションは未割り当ての領域として残ります。
操作を開始される前に、使用可能ドライブへと変更する必要があります。
詳しい操作手順は、下記の技術情報をご参照ください。
» ファイルシステム変更後のパーティション作成方法
文書情報
Q&A番号:DTQA000080
最終更新日:2004/09/08
・ この資料の内容は予告なく変更されることがあります。
・ いかなる場合でも、この資料の内容およびその運用の結果に関しては一切の責任を負いません。
・ この資料に記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
・ この資料の一部または全部を無断で使用、複製することはできません。

hp-online-communities-portlet

アクション
ロード中...
国: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...