HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    Windows 11 へのアップグレード方法

    Windows 11 へのアップグレード ガイド

    情報

    「HP Wolf Security」と「ウイルスバスタークラウド」がインストールされている場合、OSの動作が緩慢になることについて。詳細はこちら

    情報
    ノートブックPCのバッテリの診断・較正・膨張などについて.

     詳細はこちら

  • フィードバック

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP ノートブック PC - お手入れについて

説明

コンピュータ等の機器は、静電気の影響により、ホコリや汚れがつきやくなります。ホコリや汚れが付着したままでの使用は、パソコンの誤作動や故障の原因になりますので、日頃からのお手入れをお勧めします。
本件では、定期的な清掃方法について、説明します。

詳細

清掃の前に

清掃の前には、必ずコンピュータ本体と接続する周辺機器の電源を切断し、バッテリパックとACアダプタを本体から取り外してください。また、電源コードをコンセントから抜いてください。電源が入ったまま作業をおこなうと、誤操作や、パソコンの故障および感電の危険性があります。

筐体の清掃

OA 機器清掃用のハタキやブラシを使って、ホコリを払います。
ホコリを払った後、乾いたやわらかい布でホコリや汚れをふきとってください。汚れがおちない場合は、水かぬるま湯を含ませて、よく絞ってから拭くか、または、OA 機器用クリーナーなどを使って、汚れをおとしてください。

通気口の清掃

コンピュータは、内部で発生した熱を冷却ファンで通気口から外部に放出することで、内部を冷却しています。この冷却ファンの通気口の部分は、とてもホコリのたまりやすい場所となります。そのため、通気口にホコリがたまっていると、正しく放熱が行えなくなり、コンピュータの誤作動、故障の原因になります。OA 機器清掃用のハタキやブラシを使って、ホコリを払います。そして、掃除機などで、ホコリやゴミを吸いとります。作業は、ホコリがコンピュータの内部に、入ってしまわないように注意して行ってください。

赤外線ポート/内蔵カメラ/内蔵マイクの清掃

赤外線ポートに汚れが付着すると、データ通信に障害が発生することがあります。また、内蔵カメラやマイクに汚れが付着すると、映像や音声が不鮮明なることがあります。
OA 機器清掃用のハタキやブラシを使って、ホコリを払います。ホコリを払った後、乾いたやわらかい布でホコリや汚れをふきとってください。汚れおちない場合は、水かぬるま湯を含ませて、よく絞ってから拭く、または、OA機器用クリーナーなどを使って、汚れをおとしてください。

各コネクタ部分の清掃

ホコリや汚れが付着すると接触不良の原因にもなります。また、USB 端子のように電源端子を持つコネクタの場合、ホコリの付着を放置すると短絡故障の原因となるおそれがあります。
OA機器清掃用のハタキやブラシを使って、ホコリを払います。細かい部分は、綿棒などを使い丁寧に汚れを落とします。 また、「ダストブロワー」等で、ホコリをふき飛ばす方法もあります。

キーボード/タッチパットの清掃

キーボードは、構造上、ホコリがたまりやすくなっています。
キーボード(本体)を逆さにして、数回軽く振ってゴミを落とします。また、キーの隙間の狭い部分は、綿棒などを使って清掃します。表面のホコリは、OA 機器清掃用のハタキやブラシを使って、払います。
ホコリがたくさんたまってしまった場合は、掃除機で吸いとったり、「ダストブロワー」でホコリを飛ばしたりしてください。
ホコリを払った後、乾いたやわらかい布でホコリや汚れをふきとってください。 また、キートップが皮脂などで汚れている場合は、OA 機器用クリーナーなどを使って、汚れをおとしてください。

外付けマウスの清掃

OA機器清掃用のハタキやブラシを使って、ホコリを払います。ホコリを払った後、乾いたやわらかい布でホコリや汚れをふきとってください。
ボールマウスのマウスポインタの動きが悪いときは、内部のボールとローラーを清掃してください。ボールおよびローラー部分の清掃は、内部を傷付けないようにご注意ください。
光学マウスのマウスポインタの動きが悪いときは、マウス底面の読み取りセンサー部分の汚れを拭き取ります。

液晶ディスプレイの清掃

液晶ディスプレイは、静電気で表面にホコリがつきやすく、指紋が付くと、画面が見づらくなります。
液晶ディスプレイの表面は、とても繊細に作られています。液晶ディスプレイの清掃には、化学薬品(アルコール、ベンジン、エタノール等) 、化学雑巾や、ぬらした布などを使わないでください。必ず、液晶ディスプレイ専用のクロス等の乾いたやわらかい布を使ってください。

電源ケーブル/接続ケーブルの清掃

コードが絡まったりねじれたり、コンセントにホコリがたまっていないか確認してください。コンセントとプラグの隙間にホコリがたまっていると、*トラッキング現象により、漏電して発火する恐れもありますので、注意してください。また、コードがねじれていたり、家具の下敷きになっていると、断線するおそれがあります。 故障、感電および発火の危険性があります。
OA 機器清掃用のハタキやブラシを使って、ホコリを払います。ホコリを払った後、乾いたやわらかい布でホコリや汚れをふきとってください。汚れがおちない場合は、水かぬるま湯を含ませて、よく絞ってから拭いてください。
長期間、コネクタに差した状態にすると、ホコリや汚れがたまりやすくなりますので、必ずケーブルを取り外して、コンセント、コネクタ部も清掃してください。
  警告:
*トラッキング現象:プラグとの隙間にほこりが溜まり、このほこりが湿気を吸うことにより放電が起こります。その結果プラグが発熱して発火に至ります。


国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...