HP カスタマーサポートへようこそ

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP Officejet J6480 All-in-One 補足資料

更新日 2008/07
HP Officejet J6480 All-in-One 補足資料
本書には以下の項目について記載しています。製品ご使用前にお読みください。
  • マニュアル正誤表
  • 機能制限事項/注意事項
マニュアル正誤表/注意事項
セットアップポスター
  • 同梱物にはLANケーブルが含まれます。また、パネルは製品にあらかじめ取り付けられています。
  • 手順2 パネルを取り付ける作業は必要ありません。
  • 手順 5 コントロールパネルの言語と地域の設定は必要ありません。(日本語、日本に設定されています)
  • 手順6 プリントカートリッジを挿入するスロットの位置にご注意下さい。
    スロット1(左)
    スロット2(右)
    カラー
    黒、フォトグレー
    フォト
  • 手順7 プリントカートリッジの位置調整には、白紙のA4普通紙をご使用ください。
CDラベル
  • Windows 2000が記載されていますが、本製品はWindows 2000をサポートしていません。Windows 2000には、HPソリューションセンター、Photosmartソフトウェア等の関連ソフトウェアを提供していません。
ワイヤレス スタート ガイド
  • 本ガイドは、Officejet H470 と共通になっておりますので、一部、Officejet H470 の説明が含まれています。その部分は飛ばしてお読みください。
ユーザーガイド/オンラインヘルプ
  • PDFユーザーガイド P62
    誤:「挿入してあるメモリ カードや前面 USB ポートに接続したストレージ デバイスに、スキャンした画像を JPEG 画像または PDF ファイルと して送信することができます。 品質や用紙サイズの設定など、その他 のスキャン オプションもあります。
    正:「挿入してあるメモリ カードや前面 USB ポートに接続したストレージ デバイスに、スキャンした画像を JPEG として送信することができます。
    • PDFファイルとして送信することはできません。
    • 品質や用紙サイズの設定など、その他 のスキャン オプションはありません。
  • 本機には「迷惑ファクスを拒否」機能は搭載しておりません。
  • コピーメニューの記載について、以下のとおり訂正します。
    誤:[用紙タイプとサイズの選択]→正:[コピー用紙サイズ]
    追加:[用紙の種類]、[薄く濃く]、[部単位で印刷]、 [マージンの変更]、 [強調]、 [両面]、 [新しいデフォルトの設定]
  • ファクスメニューの記載について、以下のとおり訂正します。
    誤:[明るくする/暗くする]→正:[薄く濃く]
    誤:[ファクスの遅延送信]→正:[ファクスの方法]
  • フォトメニューの記載について、以下のとおり訂正します。
    誤:[用紙タイプとサイズの選択]→正:[用紙サイズ]
    追加:[コピー枚数]、[用紙の種類]、[赤目除去]、 [新しいデフォルトの設定]
  • デバイスのコントロールパネルから[PCファクス受信]の設定の記載について以下のとおり訂正します。
    誤:[PCファクス受信] → 正:[PCへのファクス]
  • デバイスのコントロールパネルからデバイス管理操作内容を以下のとおり訂正します。
    誤:[デバイスのコントロールパネルの音量] → 正:[サウンドエフェクトのボリューム]
  • 「ファクス音のボリューム」の手順を以下の通り訂正します。
    セットアップを押し、[ファクスの基本設定]を押し、[ファクス音のボリューム]を選択します。
  • 本機は、電源がオフになってもメモリ内に保存されているファクスデータは消えずに保持されます。デバイスのコントロールパネルから、メモリに保存されたすべてのファクスを削除するには について以下の通り訂正します。
    誤:電源ボタンを押してデバイスの電源をオフにします。
    正:セットアップを押し、[ツール]を押し、 [ファクスログの消去] を選択します。ファクスログとメモリがクリアされます。
  • デバイスのコントロールパネルからデバイス管理操作内容を以下の通り訂正します。
    誤:[自動レポート印刷] → 正:[セルフテストレポート]
  • セルフテストレポートの手順を以下の通り訂正します。
    セットアップを押し、[レポートの印刷]を押し、[セルフテストレポート]を選択します。
  • ダイヤル方式の設定を以下の通り訂正します。
    誤:[ダイヤル方式の設定] → 正:[トーン、パルス選択]
  • 本機は、Bluetooth機能をサポートしていません。
  • ツールボックスの推定インクレベルの[カートリッジダイヤル]機能はありません。
  • デバイスのコントロールパネルからネットワーク設定を以下のとおり訂正します。
    誤:[ネットワーク] → 正:[ネットワーク設定]
  • ネットワーク設定は本機に表示することはできません。
  • ネットワーク設定ページを印刷する手順を以下の通り訂正します。
    セットアップを押し、[ネットワーク設定]を押し、[ネットワーク設定の印刷]を選択します。
  • ワイヤレスの設定を以下の通り訂正します。
    誤:[ワイヤレス] → 正:[ワイヤレスラジオ]
  • リンク速度の設定を以下の通り訂正します。
    誤:[詳細設定] → 正:[リンク速度の設定]
  • IP設定を変更する手順を以下の通り訂正します。
    セットアップを押し、[ネットワーク設定]を押し、[IP設定]を選択します。
  • IP設定を以下の通り訂正します。
    誤:[IP設定] → 正:[手動]
    誤:[IPアドレス] → 正:[IPアドレスを入力]
  • 他国用として記載しております電話サポートの有効期間、期間終了後の追加サービス、追加保証プランは日本では該当いたしません。
  • 本機のスキャナ光学解像度は4800dpi x 4800dpi です。
  • 本機の製品仕様につきましては、弊社ホームページの製品ページをご確認ください。
<Windows/Macintosh 関連正誤表>
Windows関連
  • プリンタドライバ「詳細設定」インクの量の変更スライダ名称
    誤: 薄い - 重い用紙
    正: 少 - 多
  • ユーザーガイド/オンラインヘルプ記載 プリンタドライバ 関連
    誤:[カスタム]→正:[ユーザー設定]
    誤:[幅] と [高さ] ボックス→正:[幅] と [長さ] ボックス
    誤:[ソース]ドロップダウンリストからメディアソースを選択
    →正:ソースタブはありません
    誤:[用紙/品質]→正:[機能]
    誤:[レイアウトの保持]→正:[レイアウトの維持]
    誤:[綴じ込みレイアウト]→正:[ブックレットレイアウト]
    誤:[サービス]→正:[プリンタサービス]
Mac関連
  • ユーザーガイド/オンラインヘルプ記載 プリンタドライバ 関連
    10.3と10.4では使用される用語に若干の差異があります。本文書では、10.4を基準に説明してあります。
    誤:[カスタム サイズの管理]→正:[カスタムサイズを管理]
    誤:[新規]→正:[+]
    誤:[用紙の取り扱い]→正:[用紙処理]
    誤:[排紙先の用紙サイズ]→正:[出力用紙サイズ]
    誤:[用紙に合わせて調節]→正:[用紙サイズに合わせる]
    誤:[用紙設定]→正:[ページ設定]
    誤:[両面に印刷するオプション]→正:[ドロップダウンからレイアウト]
    誤:[スキャンプリファレンス]→正:[スキャンの環境設定]
    誤:[情報とサポート]→正:[インフォメーションおよびサポート]
    誤:[HPサプライ品の注文]→正:[サプライ用品の販売]
  • [プリント]画面の[フチ無し拡大]設定
    誤:「長い」→正:「大」
    誤:「短い」→正:「小」
  • サポートされているプリントカートリッジをMacOSで確認する手順を以下の通り訂正します。
    誤:HPプリンタユーティリティの[インフォメーションとサポート]パネルの[サプライ製品情報]をクリックし、[市販サプライ品情報]をクリックします。
    正:HPプリンタユーティリティの[インフォメーションとサポート]パネルの[サプライ製品情報]をクリックします。
  • HPプリンタユーティリティを開く手順を以下の通り訂正します。
    誤:[情報とサポート]パネルを開いて[サプライ品ステータス]をクリックします。
    正:DockからHPデバイスマネージャを起ち上げプリンタの保守をクリックします。
  • MacOSにてEWS (埋め込Webサーバー)を開く手順を以下の通り訂正します。
    誤:[プリンタ設定]パネルで[その他の設定]をクリックし、[埋め込みWebサーバを開く]ボタンをクリックします。
    正:この文は該当しません。ご使用のWebブラウザでプリンタのIPアドレスをWebアドレスとして入力して開いてください。
機能制限事項/注意事項
  • Windows Server 2003/Windows 2000はサポートを行っていません。
  • Mac OSでPC FAXを使用する場合は弊社ホームページから提供する最新のドライバをご使用ください。
  • フォト関連用紙等以外にはフチ無し印刷ができない場合があります。
  • HP製品アシスタントなど、本製品ソフトウェアからのリンク先は、US WEBサイトになる場合があります。
  • 本機には「迷惑ファクスを拒否」機能は搭載しておりません。
  • ファクス受信の際の印刷の色を薄くしたり、濃くしたりする機能は搭載しておりません。
  • 電源がオフになっているとファクス受信は行えません。
  • 本製品で使用できるはがきの種類は、普通紙官製はがきおよびインクジェット用官製はがきのみです。フォト光沢官製はがきは使用できません。
  • 本体の日付挿入機能を使用してフチ無し写真印刷を行うと、日付がわずかに欠けることがあります。
  • 液晶画面に表示されている数字は、日付と時間です。
  • WEPキー入力時に最初にカタカナが表示されますが、ボタンを数回押すことで英数字が入力可能になります。
  • プリントカートリッジケースの使用方法
    4色/6色印刷をお楽しみになる場合、黒またはフォトプリントカートリッジ(別売)を保管する際に使用します。
    ケースの入れ方
    プリントカートリッジを少し角度を付けてスライドさせながら、プリントカートリッジ ケースに差し込み、パチンと音がするまで押し込みます。
    ケースの外し方
    プリントカートリッジケースの上部を後方に押し下げ、プリントカートリッジの固定を解除します。

hp-online-communities-portlet

アクション
ロード中...
国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...