HP カスタマーサポートへようこそ

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

[11.X] HP Software Assistantの使用方法

[11.X] HP Software Assistantの使用方法
ドキュメント番号:jnav028121
テキストの内容
1. はじめに本文書では、HP Software Assistant(以下swa)を使用したパッチ管理の方法を紹介します。swaを使えば、サーバにインストールされているパッチ解析・レポート・ダウンロードを簡潔に実施することができ、システム管理者の負担を軽減することができます。2. インストール方法swaについては以下のサイトをご覧下さい。https://www.hp.com/go/swa 11iのv1、v2およびv3用に対応しています。インストールの際にサーバ再起動は必要ありません。詳細な手順については以下のサイトにある文書に目を通しておくこともお奨めします。http://docs.hp.com/en/oshpux11iv2.html#Patch%20Management3. 概念swaコマンドは大きく- パッチ解析・レポートフェーズ- パッチダウンロードフェーズ- ダウンロードしたパッチdepotの管理の3つに分かれています。対象はローカルのサーバのみならず、ネットワーク上のリモートサーバに対して行うこともできます。以下はまず対象をローカルサーバとし、それぞれのフェーズを紹介します。4. 解析・レポート対象サーバに対するパッチの解析・レポートを実施し、その結果をファイルに保存します。デフォルトでは、実行ユーザの .swa ディレクトリ以下に保存されます。# swa report -a QPK -x crl_check=false crl_check=false というのは、対象サーバの認証を実施するかどうかのオプションであり、ここではコマンドライン -x でfalseに設定しています。オプションに関するglobalな設定は、 /etc/opt/swa/swa.confで制御することができます。分析対象は、swa-report(1M)のman pageにあるよう               CRIT  - patches that fix critical problems                PCW  - patches with critical warnings                 PW   - patches with warnings (a superset of PCW)                 QPK  - latest quality pack                 SEC  - security bulletins that may apply  があり、最新のQPKのアップデートの有無をチェックしてます。結果は、defaultで標準出力に出力されます。<出力例>...RECOMMENDED ACTIONS Patch Bundles    The following bundles are recommended by HP. The patches delivered in these   patch bundles may include fixes for patches not listed in this report. If   you will not install the patch bundle(s) listed here, please re-run the   analysis without the "QPK" analyzer and generate a new report to obtain   a full list of patches.    Bundle        Revision          Description   ------        --------          -----------   QPK1131       B.11.31.0709.312a  Quality Pack Depot for 11i v3, September 2007      With bundle QPKBASE revision B.11.31.0709.312a...-r detail  でより詳しく見れます。 # swa report -a QPK -x crl_check=false -r detail... RECOMMENDED ACTIONS AND RESOLVED ISSUES 1.      Install QPK1131(B.11.31.0709.312a) Quality Pack Depot for 11i v3,      September 2007       Issue ID: QPK:QPKBASE:B.11.31.0709.312a (QPK analyzer)      Issue Description: Patch bundle QPKBASE:B.11.31.0709.312a not found.      Bundle Title: Base Quality Pack Bundle for HP-UX 11i v3, September 2007      URL: http://itrc.hp.com/service/patch/hpuxPatchBundlePage.do?bundleId=QPKBASE:B.11.31.0709.312a... とあり、このQPKを適用するよう推奨しています。既に記したよう分析結果については一旦fileに保存されます。 # pwd/.swa/cache# ll swa_analysis.xml-rw-------   1 root       sys           2812 Nov 28 17:56 swa_analysis.xml このfileにswaコマンド自身が今後使用するための分析結果が保存されます。5.パッチダウンロード次に 実際このpatch bundleを入手してみます。# swa get -t /tmp/depot -v -t はdepotの保存先になります。このフェーズで、実際に 米国のitrc のsiteから、depotを持ってきます。このdepotは一旦/var/opt/swa/cacheの下に保存された後に、/tmp/depotへコピーされます。よって、複数回にわたって、swa getを実行することにより、/var/opt/swa/cacheの下のサイズが増大する可能性があります。最後に、/tmp/depot以下のdepotをswinstallコマンドでインストールします。swaを一台のサーバに入れておけば、リモートサーバのパッチ管理も実施することが可能なので、上と同様なことをリモートサーバに対して実施する例を示します。ローカル(swaがインストールされているサーバ)とリモートのサーバとはswagentを介して通信を行うので、前提として双方のswagentdが起動していることが必要です。以下の例は、hp-ux 11.31のローカルサーバ上で、hp-ux 11.23が動いているリモートサーバのアップデートすべきcriticalパッチだけをリストさせてます。分析ファイルの出力先を指定し、 -s で リモートサーバ(この例ではhptest2)を指定となります。 # swa report -x analyzers=CRIT -x analysis_file=/tmp/hptest2/criticals.xml -s hptest2 WARNING: HP recommends using the Secure Shell protocol by using         "-s ssh://hptest2" instead of "-s hptest2" because the latter uses an unauthenticated network protocol.       * Using existing inventory for host "hptest2"... ただ、sshを使うようにWarningが出てきました。セキュリティを重視するのであれば、sshを使用することを推奨します。 ... Patches    See detail or html report for more links to patch details such as   special installation instructions, patch quality rating, patch reboot,   and other dependencies.    Patch ID    Date        Description   --------    ----        -----------   PHCO_31607  2004-09-22  authck(1M) cumulative patch   PHCO_31616  2004-09-22  passwd(1) cumulative patch   PHCO_31618  2004-09-22  libpam_updbe cumulative patch   PHCO_31621  2004-09-22  libpsm cumulative patch   PHCO_31625  2004-09-22  Japanese INET manpages   PHCO_32146  2005-06-10  libpam cumulative patch   PHCO_32426  2005-09-26  reboot(1M) cumulative patch   PHCO_32475  2005-06-27  ps(1) cumulative patch...(略) このリモートサーバには、critical パッチはあまり適用されてないので、多くのcriticalパッチがリストされました。この分析fileを使って、パッチdepotをダウンロード(ここではpreview)するためには、 # swa get -p -t /tmp/depot2 -x analysis_file=/tmp/hptest2/criticals.xml と指定します。 -p は previewなので、実際にダウンロードしません。 ...       * Software Cache         /var/opt/swa/cache       * Target Depot         /tmp/depot2ERROR:   Must increase free space in /tmp by 785009kB       * Analyzing Required Disk Space failed with 1 error....このように/tmp下の空きdisk容量が十分でないと怒られてしまいます。今度は、リモートサーバhptest2に対して、critical warningのパッチを指定すると、 # swa report -a PCW  -x analysis_file=/tmp/hptest2/pcw.xml -s hptest2 -r detail...RECOMMENDED ACTIONS AND RESOLVED ISSUES 1.       Install PHNE_36257 rating=2 NFS cumulative patch       Dependencies:      Install PHCO_35524 rating=2 LVM commands patch      Install PHKL_31500 rating=2 Sept04 base patch      Install PHKL_36244 rating=2 LVM Cumulative Patch       Issue ID: PCW:PHNE_35118:2007-03-07 (PCW analyzer)      Issue Date: 2007-03-07      Issue Description: Patch PHNE_35118, with critical warning, found.      Patch Title: NFS cumulative patch      URL: http://itrc.hp.com/service/patch/patchDetail.do?patchid=PHNE_35118...確かに、リモートサーバに入ってるNFSのpatch PHNE_35118 には、critical warningが付いてます。もちろん、このfileを指定して、swa get をやれば、依存先のパッチもまとめてダウンロードできます。6.まとめswaに関するオプションは他にも多数用意されており、proxyサーバの設定やダウンロードコマンドの設定も行えます。ここでは簡単な説明のみにさせていただきました。このようにパッチ管理が非常に簡単に実施できますので、ぜひお客様自身でお試しになって下さい。以上

hp-online-communities-portlet

アクション
ロード中...
国: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...