HP カスタマーサポートへようこそ

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

Windows Vista - スパイウェアがインストールされないようにする方法

対象OS
  • Windows Vista® Home Premium
  • Windows Vista® Home Basic
  • Windows Vista® Ultimate
概要
Windows Vistaで、スパイウェアがインストールされないようにする方法について解説します。
解説
Windows 防御ツールの[リアルタイム保護]機能を使って、スパイウェアがインストールされないようにすることができます。
操作手順
Windows Vistaで、スパイウェアがインストールされないようにするには、以下の手順を行ってください。
  1. [スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]をクリックします。
    [すべてのプログラム]にマウス カーソルを合わせると、[すべてのプログラム]の中身が自動的に表示されます。
      補足:
    [スタート]ボタンは、デスクトップ画面左下にあるWindowsのマークが描かれた丸いボタンです。
  2. [Windows Defender]をクリックします。
  3. [ツール]をクリックします。
  4. [オプション]をクリックします。
  5. [リアルタイム保護のオプション]で[リアルタイム保護を使用する]チェック ボックスをオンにします。
      補足:
    リアルタイム保護機能とは、Windowsの重要なチェックポイントを監視する機能のことです。 これらのチェックポイントは、Windowsの設定が何らかのプログラムによって変更されたときにトリガされます。 このような変更が発生するのは、ユーザーが自分でソフトウェアをコンピュータにインストールしたときか、スパイウェアやその他の迷惑なソフトウェアによってコンピュータでインストールが勝手に開始されたときです。
    リアルタイム保護機能によってチェックポイントの変更が検出されると警告が表示され、オプションが表示されて、変更を許可するかブロックするかを選択できます。 ユーザーが自分でソフトウェアをインストールしているときのような場合は、変更を許可してインストール プロセスを続行します。

hp-online-communities-portlet

アクション
ロード中...
国: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...