HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    Windows 10アップデートの問題を修正する

    HPコンピューターまたはプリンターでのWindows 10または更新の問題を解決します – 確認はこちら

    情報
    ノートブックPCのバッテリパックの膨張・変形について.

     詳細はこちら

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP Designjet 大判プリンターシリーズ - 垂れ幕や横断幕の長尺印刷をする

対象製品

HP Designjet 大判プリンターシリーズ

説明

Microsoft Wordから垂れ幕や横断幕の長尺印刷方法について説明します。

はじめに

下記データを、HP Designjet T1120プリンターへ印刷する手順を例に説明します。
アプリケーションで作成するデータサイズ
高84mm×幅500mm
印刷するサイズ
高840mm×幅5000mm

長尺印刷手順

補足:
ここでは、Microsoft Word 2003で作成したデータをWindows XPからHP Designjet T1120へ印刷する手順について説明します。ご利用のアプリケーションやOS、プリンター機種によっては表示される画面等が異なります。ご了承ください。
  1. 長尺印刷データの原稿となるデータを作成します。
    Microsoft Word [ファイル] - [ページ設定] をクリックします。
  2. [ページ設定]画面が開きますので、余白、用紙サイズを設定します。
    余白    :上下左右5mm (プリンターのハードウェアマージン)
    用紙サイズ:幅500mm  高さ84mm
      注意:
    拡大印刷した場合、余白も拡大されます。
      注意:
    アプリケーションの制限値を超える用紙サイズ設定はできません。
    制限値を超えた場合、下図のような警告が表示されます。
  3. 原稿の用紙サイズ設定が完了しましたので、データを作成します。
  4. データ作成できましたら、[ファイル] - [印刷] をクリックします。
  5. 印刷ダイアログが開きますので、印刷するプリンターを選択し、[プロパティ]をクリックします。
  6. プリンタードライバーのプロパティ画面が開きます。
    アプリケーションで作成した用紙サイズと同じサイズの用紙サイズを作成します。
    ①[ユーザー定義]をクリックします。
    ②用紙サイズで、幅と長さを入力します。(ここでは幅84mm/長さ500mm)
    ③名前(任意)をつけます。
    ④[保存]をクリック後、[OK]をクリックし、『ユーザー定義用紙サイズ』の画面を閉じます。
      注意:
    『ユーザー定義用紙サイズ』へ入力する幅と長さは、プリンターからデータが印刷される向きで記入します。
  7. 印刷する用紙サイズを作成するために、もう一度『ユーザー定義用紙サイズ』でカスタム用紙サイズを作成します。
    ①[ユーザー定義]をクリックします。
    ②用紙サイズで、幅と長さを入力します。(ここでは幅840mm/長さ5000mm)
    ③名前(任意)をつけます。
    ④[保存]をクリック後、[OK]をクリックし、ユーザー定義用紙サイズの画面を閉じます。
      注意:
    『ユーザー定義用紙サイズ』へ入力する幅と長さは、プリンターからデータが印刷される向きで記入します。
  8. プリンタードライバー[用紙/品質]タブで適宜設定します。
    ①文書サイズ :アプリケーションで作成している用紙サイズ(データサイズ)と同じサイズを選択
    ②給紙方法  :印刷する用紙が取り付けられている給紙個所を選択
    ③用紙の種類 :プリンターへ取り付けられている印刷する用紙の種類
    ④印刷の向き :アプリケーションで作成しているデータの向きを選択
               (データが横長の場合は横置き、縦長の場合は縦置きを選択します。)
    ⑤印刷品質  :速度を重視する場合は[速度]、品質を重視する場合は[品質]にスライダーを設定
  9. プリンタードライバー[機能]タブで、長尺サイズへの拡大設定をします。
    設定完了後、[OK]ボタンをクリックします。
    文書を印刷する用紙:手順7で作成した印刷する用紙サイズを選択
    補足:
    選択した用紙サイズ(840mm×5000mm)へ拡大印刷されます。
  10. 印刷ダイアログに戻りますので、[OK]ボタンをクリックし、印刷を実行します。
  11. 横長の長尺データが自動的に回転され、拡大されたデータが縦長に出力されます。


国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...