HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報

    HPのPCまたはプリンターでWindows 10アップデートの問題を修正して解決します。こちらをクリックください

    情報

    オーディオやサウンドに問題がありますか?HPの自動オーディオチェックをお試しください!

    情報
    ノートブックPCのバッテリの診断・較正・膨張などについて.

     詳細はこちら

    情報

    新型コロナウィルス感染防止に努めながら修理サポートを継続しておりますが、出張修理において、ご訪問希望時間帯の偏りのため、サービスの遅れが生じております。比較的空いている夕方の時間帯もご検討ください。

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP CM8060/CM8050 Color MFP with Edgeline Technology - Windows PC ファックス送信の使用

システム管理者によって Windows PC ファックス送信ソフトウェアがインストールされている場合は、それを使用してコンピュータからファックスを送信できます。

1 人の受信者にファックスを送信

  1. ファックスで送信する文書を、作成したソフトウェア プログラムで開きます。
  2. ファイル をクリックし、印刷 をクリックします。
  3. プリンタのリストから、ファックス送信のドライバを選択します。
  4. OK または 印刷 をクリックします。
    補足:
    デバイスに文書を送信するためのボタンをクリックしてください。 このボタンのラベルはソフトウェア プログラムによって異なることがあります。
  5. ファックス送信 ダイアログ ボックスの ファックスの宛先 に、受信者名、ファックス番号、会社名を入力します。 必須の情報はファックス番号のみです。
    補足:
    ファックス番号 テキスト フィールドで使用できる特殊文字については、を参照してください。
  6. 受信者の情報をファックス送信電話帳に追加するには、電話帳に追加 をクリックします。 この操作は必須ではありません。
    補足:
    受信者の [名前]、[ファックス番号]、[会社名] テキスト ボックスの値をすべて消去するには、フィールドのクリア をクリックします。
  7. ファックス送信 ダイアログ ボックスの 以下の内容を含む の下に、デフォルトの表紙情報が表示されます。 表紙情報は、個々のファックス ジョブで変更できます。
  8. 請求書コード機能が有効で、それがシステム管理者によって編集可能に設定されている場合は、ファックス送信 ダイアログ ボックスの 支払明細 の下に請求書コードを入力します。 請求書コードは、個々のファックス ジョブで変更できます。
  9. デフォルトの設定を使用してファックスを送信するには、送信 をクリックします。
    補足:
    送信者、ファックス品質、通知情報、プレビュー設定を表示するには、ファックス送信 ダイアログ ボックスの 設定 タブをクリックします。 この情報は、個々のファックス ジョブで変更できます。 送信 をクリックするとファックスが送信されます。
  10. 設定 タブで ファックスの送信前にプレビューを表示する を選択すると、ファックス ジョブのプレビューが表示されます。 ファックスが適切かどうかを確認し、プレビューして送信 をクリックしてファックスを送信します。
    補足:
    「ポイントと印刷」を使用している場合は、プレビュー機能を使用できません。
    Windows の機能であるポイントと印刷を使用すると、インストール ディスクを使用せずに、リモート プリンタへの接続、印刷、ファックスを実行できます。 ファイルと設定情報は、プリント サーバからクライアントに自動的にダウンロードされます。
  11. 文書プレビューのサイズを変更するには、表示 をクリックするか、ズーム ドロップダウン メニューを使用します。
  12. 文書内を移動するには、矢印ボタンを使用します。
  13. ファックスを送信するには ファックス送信、ファックス設定を編集するには ファックスのキャンセル をクリックします。

複数の受信者にファックスを送信

  1. ファックスで送信する文書を、作成したソフトウェア プログラムで開きます。
  2. ファイル をクリックし、印刷 をクリックします。
  3. プリンタのリストから、ファックス送信のドライバを選択します。
  4. OK または 印刷 をクリックします。
    補足:
    デバイスに文書を送信するためのボタンをクリックしてください。 このボタンのラベルはソフトウェア プログラムによって異なることがあります。
  5. ファックス送信 ダイアログ ボックスの ファックスの宛先 に、受信者名、ファックス番号、会社名を入力します。 必須の情報はファックス番号のみです。
    補足:
    ファックス番号 テキスト フィールドで使用できる特殊文字については、を参照してください。
  6. 受信者の情報をファックス送信電話帳に追加するには、電話帳に追加 をクリックします。 この操作は必須ではありません。
    補足:
    受信者の [名前]、[ファックス番号]、[会社名] テキスト ボックスの値をすべて消去するには、フィールドのクリア をクリックします。
  7. 宛先 をクリックして、ファックス受信者 フィールドに受信者を追加します。
  8. ファックス受信者ごとに、この操作を繰り返します。 ファックス受信者 フィールドに表示されているすべての名前に、ファックスが送信されます。
  9. 請求書コード機能が有効で、それがシステム管理者によって編集可能に設定されている場合は、ファックス送信 ダイアログ ボックスの 支払明細 の下に請求書コードを入力します。 請求書コードは、個々のファックス ジョブで変更できます。
  10. デフォルトの設定を使用してファックスを送信するには、送信 をクリックします。
    補足:
    送信者、ファックス品質、通知情報、プレビュー設定を表示するには、ファックス送信 ダイアログ ボックスの 設定 タブをクリックします。 この情報は、個々のファックス ジョブで変更できます。 送信 をクリックするとファックスが送信されます。
  11. 設定 タブで ファックスの送信前にプレビューを表示する を選択すると、ファックス ジョブのプレビューが表示されます。 ファックスが適切かどうかを確認し、プレビューして送信 をクリックしてファックスを送信します。
    補足:
    「ポイントと印刷」を使用している場合は、プレビュー機能を使用できません。
    Windows の機能であるポイントと印刷を使用すると、インストール ディスクを使用せずに、リモート プリンタへの接続、印刷、ファックスを実行できます。 ファイルと設定情報は、プリント サーバからクライアントに自動的にダウンロードされます。
  12. 文書プレビューのサイズを変更するには、表示 をクリックするか、ズーム ドロップダウン メニューを使用します。
  13. 文書内を移動するには、矢印ボタンを使用します。
  14. ファックスを送信するには ファックス送信、ファックス設定を編集するには ファックスのキャンセル をクリックします。

ファックス番号への特殊文字の挿入

ファックス番号 フィールドには、0 ~ 9 の数字のほかに、特殊文字を入力できます。
ファックス番号に使用できる特殊文字
特殊文字
機能
-
ハイフンは、ファックス番号を読みやすくするために使用します。
( および )
丸かっこは、ファックス番号を読みやすくするために使用します。
[ および ]
角かっこを使用すると、ファックス番号の一部を、ファックス送信表、コール レポート、電子メール通信に表示しないようにできます。 たとえば、ファックス番号に電話カードのアクセス コードを含めることができます。 電話カードのアクセス コード部分を角かっこで囲むと、その情報が非表示になります。
*
アスタリスクはプッシュトーンとして送信されます。
#
シャープ記号はプッシュトーンとして送信されます。
,
カンマを入力すると、ファックス番号のダイヤル時に 2 秒のポーズが挿入されます。 ダイヤル時のポーズを長くするには、複数のカンマを使用します。

電話帳を使用したファックスの送信

  1. ファックスで送信する文書を、作成したソフトウェア プログラムで開きます。
  2. ファイル をクリックし、印刷 をクリックします。
  3. プリンタのリストから、ファックス送信のドライバを選択します。
  4. OK または 印刷 をクリックします。
    補足:
    デバイスに文書を送信するためのボタンをクリックしてください。 このボタンのラベルはソフトウェア プログラムによって異なることがあります。
  5. ファックス送信 ダイアログ ボックスの ファックスの宛先 の下で、本のアイコンをクリックします。
  6. 電話帳 ダイアログ ボックスで、各ファックス受信者の名前を選択し、宛先 をクリックして、ファックス受信者 フィールドに受信者を追加します。
  7. すべての受信者を ファックス受信者 フィールドに追加したら、OK をクリックします。
  8. ファックス送信 ダイアログ ボックスの 以下の内容を含む の下で、表紙ページ (受信先が 1 箇所の場合のみ) がオンになっている場合はオフにします。
  9. 請求書コード機能が有効な場合は、ファックス送信 ダイアログ ボックスの 支払明細 の下に請求書コードを入力します。 請求書コードは、個々のファックス ジョブで変更できます。
  10. デフォルトの設定を使用してすべての受信者にファックスを送信するには、送信 をクリックします。
    補足:
    送信者、ファックス品質、通知情報、プレビュー設定を表示するには、ファックス送信 ダイアログ ボックスの 設定 タブをクリックします。 この情報は、個々のファックス ジョブで変更できます。 送信 をクリックするとファックスが送信されます。
  11. 設定 タブで ファックスの送信前にプレビューを表示する を選択すると、ファックス ジョブのプレビューが表示されます。 ファックスが適切かどうかを確認します。
    補足:
    「ポイントと印刷」を使用している場合は、プレビュー機能を使用できません。
    Windows の機能であるポイントと印刷を使用すると、インストール ディスクを使用せずに、リモート プリンタへの接続、印刷、ファックスを実行できます。 ファイルと設定情報は、プリント サーバからクライアントに自動的にダウンロードされます。
  12. 文書プレビューのサイズを変更するには、表示 をクリックするか、ズーム ドロップダウン メニューを使用します。
  13. 文書内を移動するには、矢印ボタンを使用します。
  14. ファックスを送信するには ファックス送信、ファックス設定を編集するには ファックスのキャンセル をクリックします。

電話帳の編集

電話帳を使用して、ファックス送信 ダイアログ ボックスの ファックスの宛先 に表示される連絡先情報を保存できます。 名前を追加または削除することができます。
ファックス送信電話帳は、[マイ ドキュメント] フォルダに XML ファイルとして保存されます。 このファイルの編集またはコピーは行わないことをお勧めします。

電話帳への名前の追加

電話帳に名前を追加するには、以下の手順に従います。
  1. ファックス送信 ダイアログ ボックスの ファックスの宛先 の下で、本のアイコンをクリックします。
  2. 電話帳 ダイアログ ボックスで、追加 をクリックします。
  3. アドレス帳に追加 ダイアログ ボックスのテキスト ボックスに、受信者名、ファックス番号、会社名を入力します。
  4. OK をクリックします。
  5. 電話帳 ダイアログ ボックスで、追加 をクリックして名前を追加します。
  6. 電話帳への名前の追加が終了したら、OK をクリックします。

電話帳からの名前の削除

電話帳から名前を削除するには、以下の手順に従います。
  1. ファックス送信 ダイアログ ボックスの ファックスの宛先 の下で、本のアイコンをクリックします。
  2. 電話帳 ダイアログ ボックスで、削除する名前を選択し、削除 をクリックします。
  3. 電話帳からの名前の削除が終了したら、OK をクリックします。

電話帳での名前の編集

電話帳で名前を編集するには、以下の手順に従います。
  1. ファックス送信 ダイアログ ボックスの ファックスの宛先 の下で、本のアイコンをクリックします。
  2. 電話帳 ダイアログ ボックスで、編集する名前を選択し、編集 をクリックします。
  3. 電話帳の入力事項の編集 ダイアログ ボックスのテキスト ボックスで、受信者名、ファックス番号、会社名を編集します。
  4. 編集が終了したら、OK をクリックします。


国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...