HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報

    HPのPCまたはプリンターでWindows 10アップデートの問題を修正して解決します。こちらをクリックください

    情報

    オーディオやサウンドに問題がありますか?HPの自動オーディオチェックをお試しください!

    情報
    ノートブックPCのバッテリの診断・較正・膨張などについて.

     詳細はこちら

    情報

    新型コロナウィルス感染防止に努めながら修理サポートを継続しておりますが、出張修理において、ご訪問希望時間帯の偏りのため、サービスの遅れが生じております。比較的空いている夕方の時間帯もご検討ください。

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP CM8060/CM8050 Color MFP with Edgeline Technology - コピー

コピー出力をカスタマイズするために、デバイスにはいくつかの設定オプションがあります。 文書フィーダまたは原稿台ガラスを使用して、原稿をスキャンできます。 この章では、次の項目について説明します。

文書フィーダからのコピー

文書フィーダには、最高 100 枚の用紙をセットできます。 原稿を上向きにして文書フィーダにセットします。文書の上端を文書フィーダの後部に向けるか、文書の上端から給紙スロットに給紙されるようにセットします。 両面原稿の場合は、表面を上向きにセットします。 原稿のサイズに合わせて用紙ガイドを調整します。
補足:
レターまたは A4 サイズの用紙では、最高の速度を発揮するために、文書の短辺を文書フィーダの後部に向けてセットしてください。
番号 : 製品のイラスト
デフォルトのコピー オプションを使用してコピーを取るには、コントロール パネルの数字キーパッドでコピー部数を選択し、スタート を押します。 カスタマイズした設定を使用するには、コピー にタッチします。 設定を指定して、スタート を押します。 カスタマイズした設定の使用方法については、を参照してください。
補足:
コントロール パネルの スタート ボタン、またはタッチスクリーンの コピー開始 ボタンを使用できます。
文書フィーダの給紙トレイの下にある排紙ビンから、原稿を取り出します。 デバイスの左側にある排紙ビンから、コピーを取り出します。

混合サイズの原稿のコピー

サイズの異なる原稿が混在しても、いずれか 1 辺の長さが同じで、その長さが 297 mm11.7 インチを超えていなければ、コピーできます。 たとえば、レターとリーガル、A4 と A5 を組み合わせることができます。
  1. 原稿の幅がすべて同じになるように揃えます。
  2. 原稿を上向きにして文書フィーダにセットして、用紙幅ガイドを原稿に合わせて調整します。
  3. [ホーム] 画面の コピー にタッチします。
  4. 原稿のサイズ にタッチします。
    補足:
    最初の画面にこのオプションが表示されていない場合は、表示されるまで その他のオプション にタッチしてください。
  5. 混在サイズ (幅は同じ)OKの順に選択します。
  6. コピー開始 にタッチします。

スキャナのガラス面からのコピー

原稿を下向きにしてガラス面に置きます。 原稿の隅を、ガラス面の左上隅に合わせます。
番号 : 製品のイラスト
デフォルトのコピー オプションを使用してコピーを取るには、コントロール パネルの数字キーパッドでコピー部数を選択し、スタート を押します。 カスタマイズした設定を使用するには、コピー にタッチします。 設定を指定して、スタート を押します。 カスタマイズした設定の使用方法については、を参照してください。
補足:
コントロール パネルの スタート ハード ボタン、またはタッチスクリーンの コピー開始 ボタンを使用できます。

コピー設定の調整

このデバイスは、コピー出力を最適化するための機能を備えています。 これらの機能はすべて、コピー 画面から選択できます。
コピー 画面は、いくつかのページで構成されています。 最初のページで その他のオプション をタッチして、次のページに進みます。 次に、上矢印または下矢印ボタンをタッチして、他のページにスクロールします。
オプションの詳しい使用方法を表示するには、オプションをタッチしてから、画面の右上隅にあるヘルプ ボタン () をタッチします。 次の表に、コピー オプションの概要を示します。
補足:
システム管理者の設定によっては、一部のオプションが表示されないこともあります。 次の表には、表示される順にオプションが記載されています。
コピー ジョブのオプション
オプション名
説明
この機能を使用して、原稿が片面か両面か、片面コピーか両面コピーかを指定します。
カラー/黒
この機能を使用して、モノクロとカラーのどちらでコピーを印刷するかを指定します。 原稿の各ページがモノクロかカラーかを自動的に検出し、同じ形式でコピーをとるには、自動検出 を選択します。
カラー または 自動検出 を選択した場合は、カラー品質 も選択できます。 一般オフィス または プロフェッショナル を選択します。 一部の用紙タイプでは、プロフェッショナル のカラー品質しか選択できません。
ステイプル/丁合い または 丁合い
オプションの HP マルチファンクションフィニッシャが取り付けられている場合は、ステイプル/丁合い オプションが表示されます。 この機能を使用して、ページをステイプル留めし、コピーを 1 セットずつ組み合わせるためのオプションを設定します。
オプションの HP マルチファンクションフィニッシャが取り付けられていない場合は、丁合い オプションが表示されます。 この機能を使用して、各コピーのセットを原稿と同じ順序 (123、123 など) で組み合わせるか、原稿の各ページごと (111、222 など) に組み合わせます。
縮小/拡大
この機能を使用して、コピー イメージを拡大または縮小します。 カスタム倍率を指定するには、倍率: の下にあるボックスをタッチします。 イメージを縮小するには、100% より小さい値を選択します。 イメージを拡大するには、100% より大きい値を選択します。
用紙の選択
この機能を使用して、使用するサイズとタイプの用紙がセットされたトレイを選択します。
イメージ調整
この機能を使用して、全体的なコピー品質を改善します。 たとえば、濃さ鮮明度コントラスト を調整できます。また、背景のクリーンアップ 設定を使用して、背景から薄い色の画像を削除したり、明るい背景色を削除することができます。
内容の向き
この機能を使用して、原稿の内容をページ上に配置する方向 (縦または横) を指定します。
両面に印刷された文書をコピーする場合は、裏面の方向も指定できます。
排紙ビン
この機能を使用して、コピーの排紙ビンを選択します。 オプションの HP マルチファンクションフィニッシャが取り付けられている場合は、ステイプル留めされたコピーは常に排紙ビン 5 に排紙されます。
テキスト/画像の最適化
この機能を使用して、特定タイプの内容の出力を最適化します。 テキスト、印刷画像、写真、混合の出力を最適化できます。
用紙あたりのページ数
この機能を使用して、1 枚の用紙に複数ページを印刷します。
原稿のサイズ
この機能を使用して、原稿の用紙サイズを指定します。
透かし
この機能を使用して、半透明のテキストを各ページの中央に斜めに印刷します。 使用する色、テキスト、文字のスタイルを指定し、透過レベルを調整することができます。
ネガ イメージ
この機能を使用して、文書内のすべての色を反転します。 赤はシアン、青は黄色、緑はマゼンタ、白は黒になります。
カラー調整
この機能を使用して、彩度と色温度の設定を調整し、カラー コピーの全体的な見え方を変更します。
カラー バランス
この機能を使用して、色を個別に調整し、コピーのカラー バランスを変更します。 たとえば、シアンの量を増やすと、青みが強く、赤みが弱くなります。
1 色/2 色
この機能を使用して、文書内のすべての色を、1 色の濃淡、または 1 色の濃淡と黒に変換します。 たとえば、すべての色を青の濃淡に変換できます。
オーバーレイ
この機能を使用して、半透明の画像を各ページに印刷します。 オーバーレイは透かしと似ていますが、オーバーレイには会社のロゴなど任意の画像を使用できます。
章ページ
この機能は、章構成の文書をコピーする場合に使用します。 常に右ページまたは左ページから章を開始するように指定することができます。 各章の最初のページを正しい側に配置するために、必要に応じて空白のイメージが挿入されます。
ページ番号スタンプ
この機能を使用して、コピーにページ番号を印刷します。 番号付けスタイルと位置を指定できます。
日付/時刻スタンプ
この機能を使用して、コピーに日付と時刻を印刷します。 情報の番号付けスタイルと位置を指定できます。
テキスト スタンプ
この機能を使用して、既定のテキスト メッセージをコピーに印刷するか、自分で指定したメッセージを印刷します。 テキスト スタンプは透かしと似ていますが、ページ上での位置と角度を指定できます。
セット番号スタンプ
この機能を使用して、コピーにセット番号を印刷します。 たとえば、文書のコピーを 5 部作成する場合、最初の 1 セットの各ページに同じ番号が印刷されます。 番号付け形式は数種類から選択でき、開始セット番号も指定できます。
最小マージン
用紙の端付近まで印刷された原稿の場合は、この機能を使用して、コピー範囲を最大にすることができます。 ただし、用紙の端に影が印刷されることがあります。
ジョブ作成
この機能を使用して、複数の原稿セットを 1 つのコピー ジョブにまとめます。 また、コピーする原稿が、文書フィーダに一度に収容できるページ数を超えている場合にも、この機能を使用します。
自動レイアウト
この機能は、スキャナのガラス面からコピーする場合に使用します。 スキャナのガラス面上の任意の位置に、原稿を置きます。 文書の端が感知され、コピーの中央にイメージが配置されます。
自動トリミング
この機能を使用して、フラットベッド カバーを開いたままコピーした場合にできる、背景の黒い部分を消去します。 フラットベッドに置かれた原稿の端が感知され、イメージ周囲の黒い部分が消去されます。
イメージの位置調整
この機能を使用して、イメージをページの端、隅、中央に移動します。
イメージの移動
この機能を使用して、ページ上のイメージを移動します。 この機能は イメージの位置調整 と似ていますが、イメージの移動距離を指定できます。
イメージの繰り返し
この機能を使用して、1 枚の用紙に同じイメージを複数印刷します。 この機能を使用するには、スキャナのガラス面に原稿を置いて、カバーを開けたままにします。
エッジの消去
この機能を使用して、コピーの端の黒い線を消去します。
のどの消去
この機能を使用して、開いた本をコピーした場合や、2 枚のページを並べてコピーした場合に中央に印刷される影を消去します。

ジョブ作成機能の使用

ジョブ作成 オプションを使用して、複雑なジョブを小さいセグメントに分割することができます。 コピーする原稿が文書フィーダに一度に収容できるページ数を超えている場合や、サイズの異なるページを 1 つのジョブにまとめる場合、この機能を使用して複数部のコピーを作成できます。 原稿のスキャンには、ガラス面または文書フィーダを使用できます。
補足:
ジョブ作成 オプションは、電子メール および ネットワーク フォルダ の機能でも使用できます。
  1. ジョブの最初のセグメントを文書フィーダにセットするか、スキャナのガラス面の上に置きま⁠す。
    補足:
    ガラス面を使用する場合は、最初のセグメントは 1 ページです。
  2. コピー をタッチしてから、使用するコピー オプションを設定します。
  3. ジョブ作成 をタッチしてから、ジョブ作成オン を選択します。 OK にタッチします。
  4. スタート を押して、最初のセグメントをスキャンします。
  5. 次のセグメントをセットするように求められます。
    • このセグメントに別のコピー オプションを適用する場合は、オプション をタッチします。
    • 他のセグメントをスキャンする場合は、スキャン をタッチします。
    • すべてのセグメントのスキャンが終了したら、終了 をタッチします。
    • 最初からやり直す場合は、ジョブのキャンセル をタッチします。
  6. 終了 を選択した後は、ジョブ全体に適用されるコピー オプション (コピー部数やステイプル オプションなど) を選択できます。
  7. スタート を押して、ジョブ全体のコピーを作成します。


国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...