HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報

    HPのPCまたはプリンターでWindows 10アップデートの問題を修正して解決します。こちらをクリックください

    情報

    オーディオやサウンドに問題がありますか?HPの自動オーディオチェックをお試しください!

    情報
    ノートブックPCのバッテリの診断・較正・膨張などについて.

     詳細はこちら

    情報

    新型コロナウィルス感染防止に努めながら修理サポートを継続しておりますが、出張修理において、ご訪問希望時間帯の偏りのため、サービスの遅れが生じております。比較的空いている夕方の時間帯もご検討ください。

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP Compaq Business Notebook nc6000 シリーズ - バッテリ パックの調整

調整を行なう時期

バッテリ パックが酷使されている場合でも、調整は 1 ヶ月に 2 度以上行なうべきではありません。 調整は、新しいバッテリ パックを初めて使用する前に行う必要はありません。 バッテリ パックの調整は、次の条件で行ないます。
  • 充電量が正しく表示されていない可能性がある場合
  • バッテリの稼働時間に著しい変化が見られたとき
  • バッテリ パックが 1 ヶ月以上使用されていない場合

調整方法

バッテリ パックの調整を行なうには、バッテリ パックを完全に充電し、完全に放電した後、完全に再充電します。

バッテリ パックの充電

バッテリ パックはノートブックがオフでも使用中でも充電できますが、オフの場合の方が短時間で充電できます。
以下の手順に従って、バッテリ パックを充電します。
  1. バッテリ パックをノートブックに挿入します。
  2. ノートブックを AC 電源か、オプションのカー アダプタ/チャージャに接続します。 ノートブックのバッテリ ランプがオンになります。
  3. バッテリ パックの充電が完了するまで、ノートブックを外部電源に接続した状態を保ちます。 ノートブックのバッテリ ランプがオフになります。

バッテリ パックの放電

完全な放電を行なう前に、休止状態を無効にします。 休止状態を無効にするには、次の手順に従ってください。
  1. [電源オプション] ウィンドウを開きます。
    • Windows 2000 で、スタート設定コントロール パネルパフォーマンスとメンテナンス電源オプション休止状態 タブの順にクリックします。
    • Windows XP で、スタートコントロール パネルパフォーマンスとメンテナンス電源オプション休止状態 タブの順にクリックします。
  2. [休止状態を有効にする] チェック ボックスをオフにします。
バッテリ パックの放電が終わるまで、ノートブックはそのままにする必要があります。 バッテリ パックはノートブックの電源がオフでも使用中でも放電できますが、使用中の場合の方が短時間で放電できます。
  • 放電中にノートブックを無人状態にする予定であれば、放電を開始する前に作業を保存します。
  • 放電中にノートブックを必要に応じて使用する場合で、省電力タイムアウトが設定されている場合は、放電中にシステムの次の動作が予測されます。
    • モニタが自動的にオフになりません。
    • ノートブックが待機状態でも、ハード ドライブ速度が自動的に低下しません。
    • システムによるスタンバイは発生しません。
以下の手順に従って、バッテリ パックを放電します。
  1. タスクバーの電源アイコンを選択するか、[電源設定] タブを表示します。
    • Windows 2000 で、スタート設定コントロール パネル、[電源の管理] アイコン、電源設定 タブの順にクリックします。
    • Windows XP で、スタートコントロール パネルパフォーマンスとメンテナンス、[電源オプション] アイコン、電源設定 タブの順にクリックします。
  2. 調整後に再設定できるように、[電源に接続] 列の 2 つの設定と [バッテリ使用] 列の 2 つの設定を記録します。
  3. ドロップダウン リストで、4 つのオプション(各列で 2 つ)を [使用しない] に設定します。
  4. OK をクリックします。
  5. 外部電源からノートブックを切断しますが、ノートブックの電源は切りません。
  6. バッテリ パックが完全に放電されるまで、バッテリ電源でノートブックを実行します。 バッテリ パックが低バッテリ状態まで放電すると、バッテリ ランプが点滅します。 バッテリ パックが完全に放電したら、バッテリ ランプが消え、ノートブックがシャットダウンします。

バッテリ パックの再充電

  1. バッテリ パックの再充電が完了するまで、ノートブックを外部電源に接続したままにします。 ノートブックのバッテリ ランプがオフになります。 バッテリ パックの再充電中もノートブックを使用できますが、ノートブックがオフの方がバッテリ パックは短時間で充電されます。
  2. ノートブックの電源がオフの場合、バッテリ パックが完全に充電され、バッテリ ランプがオフになったときに電源をオンにします。
  3. [電源設定] タブを表示するには、次の手順に従ってください。
    • Windows 2000 で、スタート設定コントロール パネル、[電源の管理] アイコン、電源設定 タブの順にクリックします。
    • Windows XP で、スタートコントロール パネルパフォーマンスとメンテナンス、[電源オプション] アイコン、電源設定 タブの順にクリックします。
  4. [電源に接続] 列と [バッテリ使用] 列の項目に、記録した設定を再度入力します。
  5. OK をクリックします。
  注意:
バッテリ パックの調整が終わったら、休止状態を再度有効にします。 休止状態を再度有効にできなかった場合は、バッテリが完全に空になり、データの損失が発生する可能性があります。
休止状態を再度有効にするには、スタート設定コントロール パネルパフォーマンスとメンテナンス電源オプション休止状態 タブの順にクリックします。 休止状態を有効にする チェック ボックスをオンにします。


国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...