HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報

    HPのPCまたはプリンターでWindows 10アップデートの問題を修正して解決します。こちらをクリックください

    情報

    オーディオやサウンドに問題がありますか?HPの自動オーディオチェックをお試しください!

    情報
    ノートブックPCのバッテリの診断・較正・膨張などについて.

     詳細はこちら

    情報

    新型コロナウィルス感染防止に努めながら修理サポートを継続しておりますが、出張修理において、ご訪問希望時間帯の偏りのため、サービスの遅れが生じております。比較的空いている夕方の時間帯もご検討ください。

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP Compaq Business Notebook nx9000 シリーズ - 外部デバイスの接続

オーディオ デバイスの接続

外部マイクロフォン、外部スピーカー、またはヘッドフォンを接続できます。 さらに、ノートブックがポート リプリケータに接続されている場合、ステレオ ソース (CD プレイヤーなど) やデジタル オーディオを受信するデバイス (デジタル オーディオ レコーダーなど) を接続できます。
  注意:
ヘッドフォンとライン入力端子は、三端子ステレオ ジャックです。 これらは、二端子モノ プラグとは互換性がありません。 モノ プラグとこれらいずれかのジャックを接続すると、ノートブックが破損する恐れがあります。
オーディオ ケーブルを、ノートブックまたはポート リプリケータ上の対応するオーディオ ポートに取り付けてください。 ノートブックと次のいずれかの図 (図 1 および図 2 を参照) を照らし合わせて、ノートブックのオーディオ コネクタを確認します。
    番号 : オーディオ ポートの位置
  1. 外部マイクロフォン コネクタ (ピンク)
  2. オーディオ出力 (ヘッドフォン) コネクタ (緑)
    番号 : オーディオ ポートの代替位置
  1. オーディオ出力 (ヘッドフォン) コネクタ (緑)
  2. 外部マイクロフォン コネクタ (ピンク)
デバイスをヘッドフォン ポートに接続すると、内蔵スピーカーが自動的に停止します。 デバイスがノートブックのいずれかのポートに接続されている場合、ポート リプリケータ上の対応するポートに接続されているデバイスは無視されます。

外部モニタの使用方法

外部モニタの接続方法

  1. 標準 4 ピン S ビデオ ケーブルをノートブック上の S ビデオ出力ジャック (背面パネルの黄色のコネクタ) に接続し、ケーブルのもう一方の端をテレビの S ビデオ入力ジャックに接続します。 ノートブックを再起動します。
    補足:
    ノートブックは、7 ピン S ビデオ出力ジャックを備えていますが、7 ピンまたは 4 ピンケーブル接続のいずれも受け付けます。
  2. マウスを使用して、デスクトップの空き領域で右クリックし、プロパティ設定 タブ、詳細設定 ボタンの順にクリックします。
    または
    スタートコントロール パネルデスクトップの表示とテーマ画面 をクリックします。 そして、設定 タブ、詳細設定 ボタン、モニタ タブをクリックします。
  3. TV を使用可能にするには、[モニタ] タブ上の TV の隣にある赤色のボタンをクリックします。
    補足:
    S ビデオ ケーブルがノートブックと TV に接続されていなければ、赤色のボタンは表示されません。
  4. 適用 をクリックして、変更を確定します。
  5. Windows の再起動を促すメッセージが表示されたら、はい をクリックします。

ディスプレイを外部モニタに切り替える

  • キーボードの上部にある TV Now! ワンタッチ ボタンを押して、ディスプレイを外部モニタに切り替えます。
  • デフォルトのディスプレイの設定で、外部モニタは内部ディスプレイと同じ設定を使用します。 外部モニタは、画面の領域、色、およびその他の設定に関わらず、内部ディスプレイと同じイメージを表示します。リフレッシュ レートは内部ディスプレイと同じ (60 Hz) です。 外部モニタだけを使用している場合、内部ディスプレイによって制限されていない設定を選択することもできます。

モニタの解像度とその他の設定を調整する方法

  1. スタートコントロール パネルデスクトップの表示とテーマ画面 をクリックします。
  2. [設定] タブで、画面領域を調整します。 その他の設定も使用可能です。
外部モニタのリフレッシュ レートを高めるには、外部モニタだけに切り替えるか、1 つのディスプレイを「セカンダリ」ディスプレイにして、個々のリフレッシュ レートを選択できるようにします。
  1. スタートコントロール パネルデスクトップの表示とテーマ画面 をクリックします。
  2. [設定] タブで、詳細設定 ボタンをクリックした後、画面またはモニタ タブをクリックします。 [モニタ] タブのリフレッシュ レートを設定します。

デュアル ディスプレイ モードの使用方法

ノートブックに外部モニタを接続することで、デスクトップを拡張します。
  1. スタートコントロール パネルデスクトップの表示とテーマ画面 をクリックします。
  2. 設定 タブをクリックします。
  3. セカンダリ ディスプレイを選択した後、オプションを選択して、デスクトップを拡張します。
各ディスプレイに対して異なる解像度とカラー数を設定できます。 しかし、拡張デスクトップを使用する場合は、各ディスプレイでビデオ メモリが必要です。 このため、より高い解像度でカラー数がより多い場合は、ディスプレイ上で予期せぬ動作が発生する可能性があります。 外部ディスプレイの解像度を 1024 × 768、両方のディスプレイで 64 K 色 (16 ビット) から開始してみてください。 そして、より高い設定で、アプリケーションが動作するかどうか試してみます。 さらに、たとえば DVD の再生や、3D グラフィックスの表示など特定の操作では、より多くのビデオメモリが必要なので、ディスプレイ設定を調整する必要があります。
DVD 映画を再生する場合、映画はプライマリ ディスプレイ上でのみ表示されます。 プライマリ ディスプレイを変更するには、[画面] プロパティ (上記の手順を参照) の 設定 タブをクリックします。希望するディスプレイを右クリックして、Primary をクリックします。

IEEE 1394 デバイスの接続方法

ノートブックに IEEE 1394 ポートがある場合、オーディオおよびビデオ機器、ディスク ドライブ、プリンタ、およびその他のノートブックなどのデバイスの接続に使用できます。
デバイス ケーブルを IEEE 1394 ポートに接続します。 Windows は自動的にデバイスを認識します。
The IEEE 1394 ポートは 4 線式ポートです。 6 線式プラグのデバイスを接続するには、デバイスが電源供給を必要としない場合は単なるアダプタを購入し、電源供給を必要とする場合はハブを購入します。
補足:
この接続で問題が発生した場合は、デバイスの製造企業の Web サイトにアクセスして、該当するデバイスの最新のドライバを入手します。

赤外線デバイスの接続

補足:
赤外線ポートを持つモデルを選択します。 デフォルトでは、赤外線ポートは使用できません。 使用する前に有効にする必要があります。
ご使用のモデルに赤外線ポート (小型の楕円形のレンズでノートブックの前面にある) がある場合、ノートブックには無線のシリアル通信機能があります。 ノートブックと、その他の赤外線デバイス (プリンタや他のノートブックなど) は、このポートを使用して無線で通信できます。

赤外線ポートの使用方法

  • ノートブックの赤外線ポートとノートブックが通信を行なうデバイスの赤外線ポートをお互いに直面させます。 2 つのポートは、間に障害物がない状態で 1m 以内でなければなりません。 近隣の装置からのノイズが転送エラーを起こす可能性があります。
    1. スタートコントロール パネルパフォーマンスとメンテナンスシステム の順にクリックします。
    2. ハードウェア タブをクリックします。
    3. デバイス マネージャ ボタンをクリックします。
    4. ALI 高速赤外線コントローラをクリックした後、Enable Device ボタンをクリックします。
    5. 次へ完了閉じる の順にクリックします。 その後、開いているすべてのダイアログ ボックスを閉じます。
  • 通信の状態を確認するには、スタートコントロール パネルPrinters & Other Hardware の後、ワイヤレス リンク をクリックして、ワイヤレス リンクを開きます。

赤外線プリンタへの印刷

プリンタをインストールして、ノートブックの赤外線ポートに割り当てます。 他のプリンタの場合と同様に、アプリケーションから印刷します。

赤外線接続を使用したファイルの転送

ノートブック赤外線ポートを使用して、ワイヤレス リンクでファイルを転送します。 ワイヤレス リンクの使用方法ついては、Windows オンライン ヘルプを参照してください。

ポート リプリケータの使用方法

ポート リプリケータは、ノートブックに外部接続を提供します。この外部接続は、ノートブックがデスクから取り去られてもそのまま残ります。 周辺機器を取り外したり、再度接続するのではなく、単にノートブックの切り離しと、ドッキングを行います。
  注意:
ノートブックに付属の AC アダプタ (またはノートブックの電源要件を満たす承認済みアダプタ) だけを使用します。 60 W、3.16 アンペア アダプタと、DC アダプタ アクセサリ F1455A および F2297A は使用しないでください。 適合しない AC アダプタを使用すると、ノートブックやアダプタの破損、データの損失などが発生する可能性があります。これは保証の対象になりません。
ノートブックは、オン、オフ、スタンバイ、休止の電源状態でドッキングや切り離しを行なうことができます。 しかし、ノートブックのドッキングやアンドックを行なう際に、スタンバイや休止状態に入ろうとしたり、回復しようとしていないことを確認してください。その場合、ノートブックはロックされる可能性があります。
補足:
ノートブックをドッキングまたはアンドックする前に、データを保存し、影響を受ける可能性がある外部接続に関連するアプリケーションをすべて終了してください。 これは、予想できないドッキングの問題の発生を防ぐために行ないます。

ポート リプリケータへのドッキング

  1. AC アダプタを接続した後、ノートブックをポート リプリケータの背面に接続します。 ポート リプリケータは、ノートブックのバッテリ電力を使用して動作することもできます。
  2. ノートブックの底部にあるドッキング コネクタからラバー カバーを取り外します。
  3. ノートブックをポート リプリケータのロケータ ポストに合わせます (図 3 を参照)。
    番号 : ポート リプリケータにノートブックを合わせる
  4. 両側のスナップが入るまでノートブックを押下げます。
  5. ノートブックの電源が切れている場合は、開いて、電源 ボタンを押して、電源を入れます。 ポート リプリケータのランプがオンになります。
ノートブックがドッキングされたら、そのセキュリティ コネクタを使用して固定します。 ノートブックとポート リプリケータの両方を固定するには、アンドック ボタンのそばにあるセキュリティ コネクタにケーブル ロックを取り付けます。 これで、アンドック ボタンも固定されます。
補足:
デバイスがノートブックのオーディオ ポートに接続された場合、ポート リプリケータ上の対応するポートに接続されているデバイスは無視されます。

ポート リプリケータから切り離す

  1. ポート リプリケータの右側にある Undock ボタンを押します。
  2. ポート リプリケータからノートブックを取り外します (図 4 を参照)。
    番号 : ポート リプリケータから切り離す


国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...