HPカスタマーサポート

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP インクジェットプリンター - 紙詰まりの正しい処理方法

対象機種
Deskjet
710C,720C,815C/SW,840C,845C,880C,895Cxi
930C,948C,955C/AP,957C/AP,970Cxi,990Cxi,990cm
5550,5551,5160,5650,5850
PSC
750,2110,2150,2310
Officejet
6150
Photosmart
1215,1315,7350,7550
Cp
1160
更新日 2009/07
概要
紙詰まりが起きた場合、無理に用紙を引っぱると用紙が切れてプリンタ内に残ってしまったり、内部機構を破損させてしまうおそれがあります。「ステップ1」からの手順に従い注意深く用紙を除去してください。
ステップ1: プリンタ背面からの用紙の除去
  1. プリンタの電源をオフにし、電源ケーブルを外します。
  2. 後部アクセスドアまたは自動両面印刷モジュールを取り外します。
     注意:
    機種により取り外し方法が異なります。
  3. 詰まった用紙をゆっくりと破れないように取り出します。
  4. 後部アクセスドアもしくは自動両面印刷モジュールを元の位置に戻します。
 注意:
プリンタに詰まった用紙は極力プリンタの背面から除去してください。手が届かないなどの理由でプリンタの前面から除去する場合には、ステップ2の手順に従って慎重に作業してください。
ステップ2: プリンタ前面からの用紙の除去
 注意:
プリンタ前面から用紙を除去するのは、背面から除去できない場合に限ります。
  1. フロントカバーを開けます。カートリッジホルダが所定の位置に移動し停止します。
  2. 詰まった用紙を取り除く際にノズル(インク噴射部)を傷つけないよう、プリントカートリッジを外します。
  3. 電源コードをプリンタから外します。
     注意:
    ここではプリンタの電源がオンのままプリンタから電源ケーブルを外してください。また、フロントカバーも開いたままの状態でプリンタから電源ケーブルを外す手順となっています。これらはプリンタのトラブルシューティングのための操作であり通常の使用時に電源をオフにする操作とは異なる手順です。通常のご使用時には、フロントカバーを閉め、電源ボタンを押してプリンタの電源をオフにしてから電源ケーブルを外してください。
  4. カートリッジホルダを手でスライドさせ、用紙を除去しやすい位置に移動します。
  5. 詰まった用紙を少しずつ慎重に手前に引いて除去します。
ステップ3: ペーパープッシャーの状態の確認
紙を取り除いた後、正常に印刷が再開できるようプリンタ内部の部品を確認します。
 補足:
Deskjet 7xx、9xx、8xx、555x シリーズ、PSC 750・21xx シリーズ、CP 1160、Photosmartシリーズをご使用の場合は、この操作が必要となります。上記以外の機種をご使用の場合にはステップ4へお進みください。
  1. 用紙送りローラーの間にある用紙プッシャー(下図矢印)をご確認ください。
    用紙プッシャーの位置は機種により異なります。
    Deskjet 7xx、8xx、555x シリーズ、Photosmart 7xxx シリーズ、PSC 21xx シリーズ
    黒矢印 の位置
    Deskjet 9xx シリーズ、Photosmart 1215、1315、PSC 750、CP 1160
    白矢印の位置
  2. 一番手前の位置または完全に格納された位置にあることを確認してください。
    用紙プッシャーがこれ以外の位置にある場合は、エラーが発生して印刷ができません。下記のWebページを参照し、「対処方法」のセクションに記載されている操作を行ってください。
    用紙プッシャーが一番手前に起き上がっている状態
    用紙プッシャーが内部に格納された状態
    *上図では一箇所の用紙プッシャーを示していますが、全ての用紙プッシャーの位置を確認してください。
     注意:
    用紙プッシャーが中途半端な位置にあると、プリントカートリッジと干渉して互いに損傷を与えるおそれがあります。紙詰まり処理に伴うプリントカートリッジの不具合は、プリントカートリッジの保証対象となりません。
ステップ4: プリンタの電源をオンにする
  1. プリントカートリッジをカートリッジホルダに戻し、フロントカバーを閉めます。
  2. 電源コードを挿して電源をオンにし、カートリッジホルダが右奥の元の位置に戻るのを確認してください。
紙詰まりを防ぐための注意事項
紙詰まり処理に伴うプリントカートリッジの不具合は、保証の対象になりません。下記のことに注意し紙詰まりが起こらないようご使用ください。
  • 種類、サイズの異なる用紙を混ぜてセットしない。
  • 机の上など平らな面で用紙の束をそろえてからセットする。
  • 給紙トレイに対してまっすぐセットする。
  • スペック以上の枚数をセットしないこと。
  • 給紙トレイに対して用紙をななめにセットしないようにしてください。
  • HPインクジェットプリンタは0.3mm 以下の厚さの用紙に対応していますが、厚さ以外の仕様・条件(表面加工、弾力)によっては給排紙が正常に行われない場合がございます。

hp-online-communities-portlet

アクション
ロード中...
日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...